FC2ブログ

やすらぐ自然を追い求めて・ブログ編

身近な自然風景・山・滝・お花など、気ままに感じたことを載せるブログです。

見沼の自然・2020年2月編(芝川調整池・埼玉県さいたま市、川口市)Part1

ずいぶん前のことですが、ここ見沼田んぼにある芝川調整池へ行ったことがありました。
そのときは、まだ整備中で、野原のような状態だったような気がします。
今回は、まだ一部工事中ですが、整備されたところで、アップをしてみました~。

※【芝川】
一級河川荒川水系芝川は埼玉県桶川市北1丁目地内を水源とし、川口市領家地内において荒川に合流する河川で、流路延長は約35km(このうち一級河川としての指定区間は約26km)、流域面積は約117k平方メートルです。
芝川は水源より一般国道17号の東側を南へ流下し、さいたま市のJR大宮操車場付近において見沼代用水西縁と伏越により交差(一級河川管理区間起点)し、さらに、見沼田圃地域を流下して、途中で準用河川加田屋川を合流します。その後、一般県道吉場安行東京線の八丁橋を境として都市域に入り、藤右衛門川、竪川を合流し、同地点において旧芝川と分かれて新芝川(放水路)となり、芝川水門を経て荒川に左岸側より合流します。
※【芝川調整池】
◎ジェイアール武蔵野線上流において、洪水調節を行うための芝川第1調節池を建設中であり、調節池面積は左右岸合わせて約92haで、東京ドーム約20個分の広さです。現在、調節池の掘削、排水機場の建設などの工事を進めています。
◎さいたま県土整備事務所で整備中の芝川第一調節池は計画調節容量284万トンの洪水調節のための河川施設です。
平成23年に左岸池(200万トン)が供用し、引き続き右岸池(84万トン)の整備を行っています。
広さは左岸63ha、右岸29haの合計約92haの敷地面積があり、東京ドーム約20個分の広大な緑地空間を形成しています。
(埼玉県ホームページより)
shibakawa200211-103.jpg
天候に恵まれ、それほど寒くもなく...。
遠望にうっすらと富士山が見えましたが、撮影するほどでもなく...。
ここ芝川調整池の水量は多く感じました~。

案内です。
shibakawa200211-201.jpg
(↑画像クイックで拡大)

それでは、芝川調整池の模様を...。(↓[見沼の自然・2020年2月編(芝川調整池・埼玉県さいたま市、川口市)Part1]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

現地案内→scvb_234x60.gif見沼たんぼのホームページ

(2020年2月11日撮影)
[見沼の自然・2020年2月編(芝川調整池・埼玉県さいたま市、川口市)Part1]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

スポンサーサイト



テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2020/02/26(水) 20:25:11|
  2. 埼玉の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

万葉植物苑・ふるさとの森・2020年2月編(安行赤堀用水沿斜面林保全緑地・埼玉県川口市)

令和最初の万葉植物苑・ふるさとの森へ~。
苑内では、そろそろ早春を感じるような様子に変わりつつ...。

※【万葉植物苑】
イチリンソウの自生地でもある「安行赤堀用水沿い斜面林保全緑地」に平成21年(2009)4月18日に万葉植物苑がオープンしました。万葉集の句で詠まれている植物が植えられており、しています。その季節ごとに違った植物を無料で観賞する事ができます。
(川口city.comより)
manyo200211-102.jpg
ネコヤナギ(ヤナギ科)の花穂が見られるようになりました~。
※万葉集に、かはやなぎと...。
「山の際に雪はふりつつしかすがに この川楊(かはやぎ)は萌えにけるかも」 作者未詳
(山の方はまだ雪が降っていますが、この川原は春のような感じに~。川楊(ネコヤナギ)がもう芽吹いています。)

それでは、万葉植物苑・ふるさとの森の模様を...。(↓[万葉植物苑・ふるさとの森・2020年2月編(安行赤堀用水沿斜面林保全緑地・埼玉県川口市)]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)


以前のブログ (スクロールで過去のブログへ)



現地案内→川口city.com川口市ホームページ公益財団法人川口緑化センター 樹里安

(2020年2月11日撮影)
[万葉植物苑・ふるさとの森・2020年2月編(安行赤堀用水沿斜面林保全緑地・埼玉県川口市)]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2020/02/25(火) 20:15:13|
  2. 埼玉の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早春の散歩・2020年2月編(北本自然観察公園・埼玉県北本市)Part2

前回(早春の散歩・2020年2月編(北本自然観察公園・埼玉県北本市)Part1)の続きです。
園内の自然散策~何かないかと探しつつ...。
天候に恵まれ、気持ちよく周れた気がしました~。

※【北本自然観察公園】
北本自然観察公園は、埼玉県の「里地里山」の自然環境を残しながら、野生の生きものがくらしやすいよう、また来園される方が自然に親しめるように整えられた公園です。1992年(平成4年)7月にオープンし、32.9haの広さがあります。 隣接する荒川の河川敷につくられた「荒川ビオトープ」と共に、野生の生きものの生息場所として重要な役割を持っています。
 タカの仲間のサシバやキツネを「目標種」とし、それらが繁殖できる環境が適切に保たれるように公園の管理を進めています。
(埼玉県自然学習センター・北本自然観察公園)より
kitamoto200209-115.jpg
青空の下、園内の綺麗な白梅が咲きはじめました~。

案内マップです。
kitamoto190728-202.jpg
(↑画像クイックで拡大)

ここ最近の園内での生きものマップです。
kitamoto200209-201.jpg
(↑画像クイックで拡大)

それでは、北本自然観察公園の模様を...。(↓[早春の散歩・2020年2月編(北本自然観察公園・埼玉県北本市)Part2]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)


以前のブログ (スクロールで過去のブログへ)



現地案内→埼玉県自然学習センター・北本自然観察公園

(2020年2月9日撮影)
[早春の散歩・2020年2月編(北本自然観察公園・埼玉県北本市)Part2]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2020/02/24(月) 17:17:44|
  2. 埼玉の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早春の散歩・2020年2月編(北本自然観察公園・埼玉県北本市)Part1

そろそろ早春の様子が感じられる北本自然観察公園へ~。
園内を周ってみると、そろそろ植物、昆虫の動きが出てきているようです。
でも、やはりこの時期の見どころは、野鳥のようでした。

※【北本自然観察公園】
北本自然観察公園は、埼玉県の「里地里山」の自然環境を残しながら、野生の生きものがくらしやすいよう、また来園される方が自然に親しめるように整えられた公園です。1992年(平成4年)7月にオープンし、32.9haの広さがあります。 隣接する荒川の河川敷につくられた「荒川ビオトープ」と共に、野生の生きものの生息場所として重要な役割を持っています。
 タカの仲間のサシバやキツネを「目標種」とし、それらが繁殖できる環境が適切に保たれるように公園の管理を進めています。
(埼玉県自然学習センター・北本自然観察公園)より
kitamoto200209-108.jpg
埼玉県自然学習センターの前で、何かを撮影している方々(4~5名)がいらっしゃいました~。
そこには、しばらくぶりに見たルリビタキ(メス♀・ツグミ科・地域によって絶滅危惧種)が見られました~。

案内マップです。
kitamoto190728-202.jpg
(↑画像クイックで拡大)

ここ最近の園内での生きものマップです。
kitamoto200209-201.jpg
(↑画像クイックで拡大)

それでは、北本自然観察公園の模様を...。(↓[早春の散歩・2020年2月編(北本自然観察公園・埼玉県北本市)Part1]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)


以前のブログ (スクロールで過去のブログへ)



現地案内→埼玉県自然学習センター・北本自然観察公園

(2020年1月5日撮影)
[早春の散歩・2020年2月編(北本自然観察公園・埼玉県北本市)Part1]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2020/02/22(土) 21:17:48|
  2. 埼玉の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬散歩・2020年2月編(大宮第二公園・埼玉県さいたま市)Part2

前回(冬散歩・2020年2月編(大宮第二公園・埼玉県さいたま市)Part1)の続きです。
園内の梅林で、色々な梅の品種が開花し始めました~
ほのかな良い香りを感じるので、まだ早い早春を感じながら、園内散策~。

※【大宮第二公園】
大宮第二公園には、テニスコートや軟式野球場といったスポーツ施設をはじめ、茶室や展示ギャラリーなど多様に楽しめる施設が整備されています。園内の見どころとして520本の梅があり、2月には毎年恒例となっている梅まつりが盛大に催されます。またサクラ、アジサイなど季節を彩る花が楽しめるほか、調節池の周りでは、メタセコイアと広々とした芝生地の美しい景色が望めます。
(大宮第二・第三公園の公式ホームページより)
oomiyadaini200209-112.jpg
‘曙枝垂(あけぼのしだれ)’という品種の枝垂れ梅が開花し始めました~。

oomiyadaini181209-201.jpg
(↑画像クイックで拡大)

それでは、大宮第二公園の模様を...。(↓[冬散歩・2020年2月編(大宮第二公園・埼玉県さいたま市)Part1]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)


以前のブログ (スクロールで過去のブログへ)



現地案内→大宮第二・第三公園の公式ホームページ

(2020年2月9日撮影)
[冬散歩・2020年2月編(大宮第二公園・埼玉県さいたま市)Part2]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2020/02/21(金) 20:54:06|
  2. 埼玉の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

nomu

Author:nomu
山野草や園芸品種の花々・山岳風景・清流の川や滝など色々な自然風景を見にドライブで周遊することが好きな自分です。
主に関東周辺を撮影エリアとしています。
様々な自然のなかに入るたびに、果てしない自然の奥深さ、美しさに感動します~(^^)

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター


無料カウンター

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる