FC2ブログ

やすらぐ自然を追い求めて・ブログ編

身近な自然風景・山・滝・お花など、気ままに感じたことを載せるブログです。

ぶらり冬散歩・2020年1月編(大宮花の丘農林公苑・埼玉県さいたま市)Part6

昨秋以来の大宮花の丘農林公苑~。
お花の少ない時期ですが、おそらくこの時期に見られる開花があるのではないかと...。

※【大宮花の丘農林公苑】
10.9haという広大な敷地の3.3haがお花畑。
春には、チューリップ畑一面が赤や黄やピンク色のジュータンに。夏から秋にかけてのサルビア畑は、見渡す限り真っ赤に染まります。四季折々の花々が咲き乱れます。
hananooka200105-101.jpg
ほのかな良い香り~ロウバイ(ロウバイ科)が咲きはじめました~


それでは、大宮花の丘農林公苑の模様を...。(↓[ぶらり冬散歩・2020年1月編(大宮花の丘農林公苑・埼玉県さいたま市)Part6]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)


以前のブログ (スクロールで過去のブログへ)



現地案内→scvb_234x60.gifさいたま市WEBサイトさいたま市公園緑地協会

(2020年1月5日撮影)
[ぶらり冬散歩・2020年1月編(大宮花の丘農林公苑・埼玉県さいたま市)Part6]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

スポンサーサイト



テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2020/01/17(金) 21:41:38|
  2. 埼玉の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶらり冬散歩・2020年1月編(北本自然観察公園・埼玉県北本市)Part5

前回(ぶらり冬散歩・2020年1月編(北本自然観察公園・埼玉県北本市)Part4)の続きです。
良いバードウォッチングの見どころ~この時期はカメラマンがあちらこちらで見かけます。
その中で、ニホンイタチ(ホンドイタチ、イタチ・イタチ科・地域によって絶滅危惧種)を追っかけいるカメラマンも見かけました~。

※【北本自然観察公園】
北本自然観察公園は、埼玉県の「里地里山」の自然環境を残しながら、野生の生きものがくらしやすいよう、また来園される方が自然に親しめるように整えられた公園です。1992年(平成4年)7月にオープンし、32.9haの広さがあります。 隣接する荒川の河川敷につくられた「荒川ビオトープ」と共に、野生の生きものの生息場所として重要な役割を持っています。
 タカの仲間のサシバやキツネを「目標種」とし、それらが繁殖できる環境が適切に保たれるように公園の管理を進めています。
(埼玉県自然学習センター・北本自然観察公園)より
kitamoto200105-101.jpg
「めだかのT字路」付近で、ベニマシコ(メス♀・アトリ科・地域によって絶滅危惧種)が見られました~。

ちょっと動画を~。(0:25)


案内マップです。
kitamoto190728-202.jpg
(↑画像クイックで拡大)

ここ最近の園内での生きものマップです。
kitamoto200105-201.jpg
(↑画像クイックで拡大)

それでは、北本自然観察公園の模様を...。(↓[ぶらり冬散歩・2020年1月編(北本自然観察公園・埼玉県北本市)Part5]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)


以前のブログ (スクロールで過去のブログへ)



現地案内→埼玉県自然学習センター・北本自然観察公園

(2020年1月5日撮影)
[ぶらり冬散歩・2020年1月編(北本自然観察公園・埼玉県北本市)Part5]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2020/01/16(木) 22:01:13|
  2. 埼玉の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶらり冬散歩・2020年1月編(北本自然観察公園・埼玉県北本市)Part4

2ヶ月ぶり、令和二年(2020年)初の埼玉県自然学習センター・北本自然観察公園へ~。
この時期はやはり、野鳥、水鳥の季節(バードウォッチング)となりました~。

※【北本自然観察公園】
北本自然観察公園は、埼玉県の「里地里山」の自然環境を残しながら、野生の生きものがくらしやすいよう、また来園される方が自然に親しめるように整えられた公園です。1992年(平成4年)7月にオープンし、32.9haの広さがあります。 隣接する荒川の河川敷につくられた「荒川ビオトープ」と共に、野生の生きものの生息場所として重要な役割を持っています。
 タカの仲間のサシバやキツネを「目標種」とし、それらが繁殖できる環境が適切に保たれるように公園の管理を進めています。
(埼玉県自然学習センター・北本自然観察公園)より
kitamoto200105-107.jpg
残念ながら10月に倒れてしまった市の天然記念物・エドヒガンザクラのそば、モズ(モズ科)が静かに、その桜を眺めていたようにも見えました。

kitamoto200105-202.jpg
(↑画像クイックで拡大)

案内マップです。
kitamoto190728-202.jpg
(↑画像クイックで拡大)

それでは、北本自然観察公園の模様を...。(↓[ぶらり冬散歩・2020年1月編(北本自然観察公園・埼玉県北本市)Part4]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)


以前のブログ (スクロールで過去のブログへ)



現地案内→埼玉県自然学習センター・北本自然観察公園

(2020年1月5日撮影)
[ぶらり冬散歩・2020年1月編(北本自然観察公園・埼玉県北本市)Part4]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2020/01/15(水) 21:39:00|
  2. 埼玉の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬の散策・2020年1月編(花と緑の広場・東京都三鷹市)Part2

しばらくぶりに、立ち寄ってみました~花と緑の広場へ~。
お花の少ない時期でも、良い花の開花が楽しめる見どころ~。

※【花と緑の広場】
平成22年2月8日に「花と緑の広場」がオープンいたしました。
この広場は地主さんのご厚意により無償でお借りしている土地を暫定的に整備し、開放しているものです。面積は約6,900㎡あり、芝生広場や広大な敷地を活かした花畑などがあります。
 この広場の特徴は、創り上げられた公園ではなく、みんなの手で創っていく公園という点です。ボランティア花壇やボランティアによる庭づくり、種まきから行う花畑など、みなさんが花や緑に触れ合いながら楽しむことのできる広場となっております。
(花と緑のまち三鷹創造協会より)
mitaka200104-101.jpg
綺麗なカンザキナノハナ(アブラナ科)が見られるようになりました~

mitaka-flower171223-202.jpg
(↑画像クイックで拡大)

それでは、花と緑の広場の様子を...。(↓[冬の散策・2020年1月編(花と緑の広場・東京都三鷹市)Part2]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

↓以前のブログ
夏の花めぐり・2018年7月編(花と緑の広場・東京都三鷹市)Part5・2018年7月16日撮影
春の花めぐり・2018年5月編(花と緑の広場・東京都三鷹市)Part1・2018年5月5日撮影
冬の散策・2018年1月編(花と緑の広場・東京都三鷹市)Part1・2018年1月8日撮影
冬の散策・2017年12月編(花と緑の広場・東京都三鷹市)Part2・2017年12月23日撮影

現地案内→花と緑のまち三鷹創造協会みたか都市観光協会

(2020年1月4日撮影)
[冬の散策・2020年1月編(花と緑の広場・東京都三鷹市)Part2]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2020/01/14(火) 21:00:13|
  2. 東京の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶらり冬散歩・2020年1月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part3

前回(ぶらり冬散歩・2020年1月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part1)の続きです。
園内をぐるっと周り、自然観察園へ向かいました~。
今年(令和二年)初の自然観察園~どんな植物などの自然が見られるかどうか~

※【都立野川公園】
豊かな水と緑に恵まれた野趣に富む公園です。野川公園の前身は、国際基督教大学のゴルフ場です。昭和49年からゴルフ場を買収し、その周辺の神代植物公園、武蔵野公園、多磨霊園、調布飛行場、浅間山公園、府中の森公園などの緑地を含め「武蔵野の森構想」のもとに造成を行い、昭和55年6月に開園しました。
この公園は、調布、小金井、三鷹の三市にまたがり、野川と都道246号線(東八道路)とで三つの地区に分かれています。国分寺崖線に接し、豊かな自然が残されている野川の北側、野川と都道にはさまれた起伏のある芝生広場、そして広々とした芝生広場とテニスコート・ゲートボール場・アスレチックのある南側。
緑にひたり、のびのびした気分を味わうことができます。
※【自然観察園】
数少ない貴重な植物群落の学習の場として昭和63年6月に一般開放されました。
園内には昔、多摩川が武蔵野の台地を削ってできた河岸段丘「国分寺崖線」があります。この崖下からは地下水が湧き出していて、四季折々の野草や野鳥、昆虫などが見られ自然の宝庫となっています。また、自然観察園の対岸にある自然観察センターでは、野川や国分寺崖線を中心とした自然と人文についての展示、解説のほか、自然観察会などの催物を行っています。
この貴重な自然を守り、維持管理作業をしているのがボランティアで、現在約100名が四季を通して活躍しています。(定休日:月曜日※但し祝日の場合は翌日/開園時間:9時30分~16時30分)
野川公園・むさしのの都立公園より)
nogawa200104-301.jpg
気になっていたセツブンソウ(キンポウゲ科・準絶滅危惧(NT))のつぼみが見られました~。

案内図です。
nogawa190203-201.jpg
(↑画像クイックで拡大)

今回の開花情報です~。
nogawa200104-201.jpg
(↑画像クイックで拡大)

それでは、都立野川公園の模様を...。(↓[ぶらり冬散歩・2020年1月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part3]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)


以前のブログ (スクロールで過去のブログへ)



現地案内→野川公園・むさしのの都立公園野川公園・東京都公園協会

(2020年1月4日撮影)
[ぶらり冬散歩・2020年1月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part3]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2020/01/13(月) 20:49:13|
  2. 東京の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

nomu

Author:nomu
山野草や園芸品種の花々・山岳風景・清流の川や滝など色々な自然風景を見にドライブで周遊することが好きな自分です。
主に関東周辺を撮影エリアとしています。
様々な自然のなかに入るたびに、果てしない自然の奥深さ、美しさに感動します~(^^)

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター


無料カウンター

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる