FC2ブログ

やすらぐ自然を追い求めて・ブログ編

身近な自然風景・山・滝・お花など、気ままに感じたことを載せるブログです。

万葉植物苑・ふるさとの森・2019年1月編(安行赤堀用水沿斜面林保全緑地・埼玉県川口市)

今年(2019年・平成31年)初の万葉植物苑・ふるさとの森へ~。
今年も一年、どんな様子が見られるか楽しみで、やってきました~
i針葉樹のほかの植物は、すっかり葉が落ち、日差しが地面まで差し込み~

※【万葉植物苑】
イチリンソウの自生地でもある「安行赤堀用水沿い斜面林保全緑地」に平成21年(2009)4月18日に万葉植物苑がオープンしました。万葉集の句で詠まれている植物が植えられており、しています。その季節ごとに違った植物を無料で観賞する事ができます。
(川口city.comより)
manyo190119-101.jpg
やっと、はじめて見ることができました~
綺麗な羽の色の色合い~オス♂のルリビタキ(ツグミ科・地域によって絶滅危惧種)~。
目の前に登場し、感動的な出会いともいいべきでしょうか~


以前のブログ (スクロールで過去のブログへ)



現地案内→川口city.com川口市ホームページ公益財団法人川口緑化センター 樹里安

(2019年1月19日撮影)
[万葉植物苑・ふるさとの森・2019年1月編(安行赤堀用水沿斜面林保全緑地・埼玉県川口市)]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

スポンサーサイト

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2019/01/24(木) 22:09:43|
  2. 埼玉の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳥類園・2019年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part2

前回(鳥類園・2019年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part1)の続きです。
葛西臨海公園の日本水仙、菜の花などの花々、カワセミ、葛西海浜公園の園内を散策後、再び鳥類園へ~。
16:00すぎになってしまったので、日がかなり傾き、夕暮れ時になりつつ...暗くならないうちに、ササッと周りました。

※【葛西臨海公園】
この公園は大空のもと紺ぺきの海が広がる東京湾に、緑と水と人のふれあいをテーマに五つのゾーンを配して誕生した公園です。
昭和60年1月から葛西沖開発土地区画整理事業の一環として着手され、平成元年度にその一部約38ヘクタールがオープン。平成6年4月には鳥類園ゾーン、平成7年7月には展望レストハウス「クリスタルビュー」、平成13年春には観覧車がオープンしました。また、葛西海浜公園にも隣接しており、行楽地としての色あいの濃い公園となっています。
葛西臨海公園(公園へ行こう!東京都公園協会)より)
kasai190114-148.jpg
この日(2019年1月14日付)の鳥類情報では、記載されていませんでしたが、冬鳥のタシギ(シギ科・地域によって絶滅危惧種・東京都では絶滅危惧Ⅱ類(VU))が下の池(汽水池)にいました~。

都立葛西臨海公園・鳥類情報。
kasai190114-201.jpg
(↑画像クイックで拡大)

鳥類園ご案内。
kasai180421-201.jpg
(↑画像クイックで拡大)

それでは、葛西臨海公園・鳥類園の様子を...。(↓[鳥類園・2019年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part2]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)


以前のブログ (スクロールで過去のブログへ)



現地案内→葛西臨海公園(公園へ行こう!東京都公園協会)

(2019年1月14日撮影)
[鳥類園・2019年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part2]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2019/01/23(水) 22:22:32|
  2. 東京の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

渚からの風景・2019年1月編(葛西海浜公園・東京都江戸川区)

2019年(平成31年)最初の葛西海浜公園へ~。
今回、今頃になって知りました...
東京都初で、昨年の10月18日(木曜日)付で、都立葛西海浜公園の干潟・ラムサール条約湿地に登録。
世界で注目される自然宝庫になったことで、これまで以上に価値観の高い見どころに~

※【葛西海浜公園】
東西2つの「人工なぎさ」とその周辺海域が都立公園となっており、平成元年6月に開園しました。「西なぎさ」では、海辺のレクリエーションやバーベーキューなどが楽しめるほか、季節によって潮干狩りや海水浴を行うことができます。「東なぎさ」は、陸地とはつながっておらず、自然環境の保全エリアとして立入を禁止しています。
   面積:約412ヘクタール
開園時間:9時00分~17時00分 ※季節により閉園時間を延長します。
※【都立葛西海浜公園の干潟・ラムサール条約湿地】
登録面積:約367ヘクタール
   特徴:東京湾に流入する荒川と旧江戸川の河口に広がる三枚洲と呼ばれる砂泥干潟であり、都立葛西海浜公園として干潟が保全されると共に、都民が海と親しむ場となっています。
この干潟は、二枚貝類、甲殻類、多毛類など多くの生物が生息し、カモ類をはじめとする渡り鳥の飛来地となっています。特にスズガモやカンムリカイツブリについては、アジア地域個体群の1%以上が飛来し、この区域で越冬しており、国際的にも重要な生息地となっています。
(東京都公式ホームページより)
kaihin190114-109.jpg
東京湾(ラムサール条約湿地登録範囲内)に浮かぶスズガモ(カモ科)の大群。
冬になると、東なぎさにスズガモ(カモ科)が大群で飛来。
約2~3万羽がユーラシア大陸北部、北アメリカ北部から越冬するために来たようです。

※参考に:ラムサール条約湿地登録範囲
(この写真では見づらいのですが、東京都公式ホームページに同じ図面PDF:514KBがあります。)
kaihin190114-201.jpg
(↑画像クイックで拡大)

それでは、葛西海浜公園の様子を...。(↓[渚からの風景・2019年1月編(葛西海浜公園・東京都江戸川区)]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)


以前のブログ (スクロールで過去のブログへ)



現地案内→葛西海浜公園(公園へ行こう!東京都公園協会)東京都公式ホームページ江戸川区公式ホームページ

(2019年1月14日撮影)
[渚からの風景・2019年1月編(葛西海浜公園・東京都江戸川区)]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2019/01/22(火) 22:06:44|
  2. 東京の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

冬散歩・2019年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part3

前回(冬散歩・2019年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part2)の続きです。
良い香りいっぱいの綺麗な日本水仙(ヒガンバナ科もしくはユリ科)から他の見どころへ~。
冬本番の1月といえども花々は、逞しさを感じるほどの開花が見られました~。

※【葛西臨海公園】
この公園は大空のもと紺ぺきの海が広がる東京湾に、緑と水と人のふれあいをテーマに五つのゾーンを配して誕生した公園です。
昭和60年1月から葛西沖開発土地区画整理事業の一環として着手され、平成元年度にその一部約38ヘクタールがオープン。平成6年4月には鳥類園ゾーン、平成7年7月には展望レストハウス「クリスタルビュー」、平成13年春には観覧車がオープンしました。また、葛西海浜公園にも隣接しており、行楽地としての色あいの濃い公園となっています。
葛西臨海公園(公園へ行こう!東京都公園協会)より)
kasai190114-132.jpg
展望レストハウス「クリスタルビュー」の前、展望広場に綺麗な菜の花(アブラナ科)の開花が見られました~

それでは、葛西臨海公園の様子を...。(↓[冬散歩・2019年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part3]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)


以前のブログ (スクロールで過去のブログへ)



現地案内→葛西臨海公園(公園へ行こう!東京都公園協会)

(2019年1月14日撮影)
[冬散歩・2019年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part3]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2019/01/21(月) 22:11:55|
  2. 東京の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬散歩・2019年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part2

前回(鳥類園・2019年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part1)の続きで、鳥類園の他のエリア・葛西臨海公園の園内散策へ~。
例年、この時期のお目当ての日本水仙(ヒガンバナ科もしくはユリ科)の開花~。
すでに先日もTVで放映され~。

※【葛西臨海公園】
この公園は大空のもと紺ぺきの海が広がる東京湾に、緑と水と人のふれあいをテーマに五つのゾーンを配して誕生した公園です。
昭和60年1月から葛西沖開発土地区画整理事業の一環として着手され、平成元年度にその一部約38ヘクタールがオープン。平成6年4月には鳥類園ゾーン、平成7年7月には展望レストハウス「クリスタルビュー」、平成13年春には観覧車がオープンしました。また、葛西海浜公園にも隣接しており、行楽地としての色あいの濃い公園となっています。
葛西臨海公園(公園へ行こう!東京都公園協会)より)
kasai190114-117.jpg
まだ一部での開花でしたが、いずれは5万球・20万本の日本水仙の開花が~。

※【水仙まつり】
開催日:平成31年2月2日(土)・3日(日)
  各日:11時~19時
※雨天時は、一部内容を変更することがあります。
場所:葛西臨海公園
詳細情報:→葛西臨海公園(公園へ行こう!東京都公園協会)
葛西臨海公園では、5万球・20万本のスイセンの開花に合わせ「水仙まつり」を開催します。
今年は、スイセンの三大群生地として知られる越前海岸がある福井市から昨年寄贈されたエチゼンスイセンの球根の開花が進んで、さらにお楽しみいただけるようになりました。
また、東京都認定のヘブンアーティストで、葛西臨海公園をはじめとした都立公園でパフォーマンスをしている、SOBUKIさんのジャグリングなどを観賞することができます。
スイセンの清らかな香り漂う葛西臨海公園に、皆さまお誘い合わせの上、ぜひお越しください。
(葛西臨海公園(公園へ行こう!東京都公園協会)より)

それでは、葛西臨海公園の様子を...。(↓[冬散歩・2019年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part2]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)


以前のブログ (スクロールで過去のブログへ)



現地案内→葛西臨海公園(公園へ行こう!東京都公園協会)

(2019年1月14日撮影)
[冬散歩・2019年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part2]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2019/01/20(日) 20:48:40|
  2. 東京の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

nomu

Author:nomu
山野草や園芸品種の花々・山岳風景・清流の川や滝など色々な自然風景を見にドライブで周遊することが好きな自分です。
主に関東周辺を撮影エリアとしています。
様々な自然のなかに入るたびに、果てしない自然の奥深さ、美しさに感動します~(^^)

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター


無料カウンター

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる