やすらぐ自然を追い求めて・ブログ編

身近な自然風景・山・滝・お花など、気ままに感じたことを載せるブログです。

夏の花めぐり・2017年7月編(水元公園・東京都葛飾区)Part8

今月も行ってみました~7月の都立水元公園へ~。
この日、猛暑でかなりの暑さではありませんでしたが、いくらか過ごしやすく...雨が降りそうで降らなかった天候でした。
台風の影響が気になりますが、こちら本土に接近するような...。
さて、先月の初夏の花々・ハナショウブなどの時期から都立水元公園の夏の花々はどのような感じに~。

※【都立水元公園】
その広さおよそ93万㎡。小合溜から引いた大小の川に沿って造られた公園で、都内で唯一の水郷の景観が楽しめることでも有名。園内にはポプラ並木やメタセコイアの森などもあり、森林浴に最適。水生の動植物を多く観察でき、家族の休日に、日頃のリフレッシュに、うってつけのオアシス。
葛飾区観光協会web(ウェブ)より)
mizumoto170730-102.jpg
小合溜(こあいだめ)に、綺麗なハス(ハス科)が見られました~。

それでは、水元公園の模様を...。(↓[夏の花めぐり・2017年7月編(水元公園・東京都葛飾区)Part8]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)


以前のブログ (スクロールで過去のブログへ)



現地案内→東京都公園協会葛飾観光ポータルサイト葛飾区観光協会web(ウェブ)葛飾区公式サイト

(2017年7月30日撮影)
[夏の花めぐり・2017年7月編(水元公園・東京都葛飾区)Part8]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

スポンサーサイト

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/31(月) 21:10:36|
  2. 東京の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第26回ひまわりフェスティバル(とちぎのふるさと田園風景百選・栃木県野木町)

今年も立ち寄ってみました~~栃木県野木町のひまわりフェスティバルへ~。
この日は、曇りがちの天候...昨年と同じ時間帯・13:30ごろに到着...。
昨年よりは渋滞・混雑はそれほどなく...。
気温も昨年よりは涼しく~。

※「花とレンガのまち 野木町」夏の風物詩であるひまわりフェスティバルを、今年は7月28日の金曜日から30日の日曜日に開催いたします。約4.3haの敷地に、約20万本のひまわりの作付けを行うほか、ひまわり大迷路、ふれあい模擬店、打上花火、歌謡ショーやキャラクターショーのイベントも実施いたします。
野木町公式ホームページより)
nogi170729-102.jpg
今シーズンも見晴らし台から見応え十分なヒマワリ(キク科)がいっぱい~すごく綺麗です~

現地案内です。
nogi170729-201.jpg
(↑画像クイックで拡大)

【第26回ひまわりフェスティバル】
開催日時:平成29年7月28日(金)~30日(日)午前9時~午後5時まで ※29日(土)は打上花火開催につき午後8時まで
会場:野木町大字野木地内(野木第二中学校南側)
主な開催イベント等:歌謡ショー、ライブ、ダンス、ご当地キャラ集合、コスプレ交流会、ふれあい模擬店(3日間実施)、ひまわり大迷路(3日間実施)、ヘリコプター遊覧飛行(3日間実施(有料))、ポニー引き馬、ポニー馬車、打ち上げ花火(7月29日)、自由に採れるひまわり畑(7月30日)、ひまわりトレイン号の運行(7月29日(土)・30日(日)実施)など、大人から子どもまで楽しめる多数のイベント。
お問い合わせ:野木町ひまわりフェスティバル実行委員会事務局(野木町産業課商工観光係内)
TEL 0280-57-4153 FAX 0280-57-4191
MAIL sangyou@town.nogi.lg.jp

それでは、ひまわりフェスティバルの模様を...。(↓[第26回ひまわりフェスティバル(とちぎのふるさと田園風景百選・栃木県野木町)]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

↓以前のブログ
第25回ひまわりフェスティバル(とちぎのふるさと田園風景百選・栃木県野木町)Part2・2016年7月24日撮影
第25回ひまわりフェスティバル(とちぎのふるさと田園風景百選・栃木県野木町)Part1・2016年7月24日撮影
ひまわり(栃木県野木町・ひまわりフェスティバル)・2009年7月26日撮影

現地案内→野木町公式ホームページ

(2017年7月29日撮影)
[第26回ひまわりフェスティバル(とちぎのふるさと田園風景百選・栃木県野木町)]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/30(日) 21:11:26|
  2. 栃木の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

原市沼・2017年7月編(古代蓮・埼玉県上尾市、北足立郡伊奈町)

2年ぶりに立ち寄ってみました~。
今シーズンまだ古代蓮を見ることがなかったもので...なんとか見頃過ぎですが、行ってきました。
ここ原市沼では、来場者も5,000人から多い時は1万人の方が見に来られます。
この日、入場する際に、どこから、何できたか(車、電車、徒歩など)、集計をとっていました。

※「原市沼を愛する会」公式ブログより
1990年代初頭の原市沼一帯は、ゴミの不法投棄によって荒れ果てていました。様々なゴミ、建築廃棄物、自転車、バイク、自動販売機までが捨てられていました。原市近隣の住民で、その惨状を看かねた人たちによって、数年をかけて、ゴミの撤去作業が行われました。
 なんとか沼周辺のゴミを撤去した後、戦前まで、沼で咲いていた古代蓮の花が思い出され、蓮の花を再生させることを思い立ちました。そこで原市沼に先駆けて古代蓮を再生させていた、行田市から蓮のタネを譲り受け、蓮の復活に挑み始めました。1993年のことです。
 蓮の育成を3坪ほどの蓮池で育成をはじめました。しかし、はじめの3年はうまくいかず、1996年におよそ90輪の蓮の花を咲かせることができました。その後、試行錯誤をかさねながら、現在、蓮池は20。敷地面積1700㎡(およそ500坪)になっています。毎年1万輪の蓮の花がさきほこり、1万人ほどの方々にご覧いただいております。
※「原市沼を愛する会」は、全員ボランティアグループです。
haraitinuma170729-103.jpg
この日の古代蓮(別名:行田蓮・ハス科・1400年~3000年前の蓮であると言われている蓮)の開花数は、97本でした。

haraitinuma170729-201.jpg
(↑画像クイックで拡大)

今年度はいつから一般開放したかわかりませんが(第1号開花は6月15日)、今年度2017年8月15日(火)で一般開放終了だそうです。
お知らせ・来年度(2018年~)
haraitinuma170729-202.jpg
(↑画像クイックで拡大)
今年度はわかりませんが、以前は開放時間AM6:00~PM4:00でした。

それでは、原市沼の模様を...。(↓[原市沼・2017年7月編(古代蓮・埼玉県上尾市、北足立郡伊奈町)]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

↓以前のブログ
原市沼・2015年7月編(古代蓮・埼玉県上尾市、北足立郡伊奈町)・2015年7月12日撮影

現地案内→原市沼の古代蓮(2014年以降のブログ)、蓮池ビオトープ・原市沼の古代蓮(2013年以前のブログ)、埼玉県伊奈町の情報サイト・イナマチドットコム埼玉県上尾市農商工観ポータルサイト ・あげポタ

(2017年7月29日撮影)
[原市沼・2017年7月編(古代蓮・埼玉県上尾市、北足立郡伊奈町)]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/29(土) 21:59:18|
  2. 埼玉の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

向島百花園・2017年7月編(国指定名勝・史跡・東京都墨田区)Part2

前回(向島百花園・2017年7月編(国指定名勝・史跡・東京都墨田区)Part1)の続きです。
夏の花々の開花の観賞を満喫しながら、園内散策~。
今回は15:00過ぎの入園でしたので、ササッと周りながらの撮影...それでも開花した花々が多いので何とか...

※江戸の町人文化が花開いた文化・文政期(1804~1830年)に造られた庭園。庭を造ったのは、それまで骨とう商を営んでいた佐原鞠塢。交遊のあった江 戸の文人墨客の協力を得て、旗本、多賀氏の元屋敷跡である向島の地に、花の咲く草花鑑賞を中心とした「民営の花園」を造り、開園しました。
開園当初は、360本のウメが主体で、当時有名だった亀戸の清香庵字臥竜梅の梅屋敷に対して「新梅屋敷」と呼ばれたほどです。その後、ミヤギノハギ、筑 波のススキなど詩経や万葉集などの中国、日本の古典に詠まれている有名な植物を集め、四季を通じて花が咲くようにしました。「百花園」の名称は、一説で は、「梅は百花に魁けて咲く」または「四季百花の乱れ咲く園」という意味でつけられたものです。
百花園は当時の一流文化人達の手で造られた、庶民的で、文人趣味豊かな庭として、小石川後楽園や六義園などの大名庭園とは異なった美しさをもっています。
民営としての百花園の歴史は昭和13年まで続き、同年10月に最後の所有者の小倉未亡人から東京市に寄付され、翌14年7月に東京市が有料で制限公開を開始しました。なお、昭和53年10月に文化財保護法により国の名勝及び史跡の指定を受けました。
(東京都公園協会「公園へ行こう」より)
mukouzima170723-101.jpg
マツムシソウ(マツムシソウ科・日本固有種・地域によって絶滅危惧種・東京都の自然種では絶滅危惧ⅠB類(EN))が見られました~。

それでは、向島百花園の模様を...。(↓[向島百花園・2017年7月編(国指定名勝・史跡・東京都墨田区)Part2]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

↓以前のブログ
【2016年】
向島百花園・2016年10月編(国指定名勝・史跡・東京都墨田区)Part2・2016年10月1日撮影
向島百花園・2016年10月編(国指定名勝・史跡・東京都墨田区)Part1・2016年10月1日撮影
【2015年】
向島百花園・2015年9月編(国指定名勝・史跡・東京都墨田区)・2015年9月27日撮影
【2013年】
向島百花園・2013年9月編(国指定名勝・史跡・東京都墨田区)・2013年9月7日撮影

現地案内→東京都公園協会「公園へ行こう」一般社団法人墨田区観光協会東京都公園協会「庭園へ行こう」

(2017年7月23日撮影)
[向島百花園・2017年7月編(国指定名勝・史跡・東京都墨田区)Part2]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/28(金) 21:50:29|
  2. 東京の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

向島百花園・2017年7月編(国指定名勝・史跡・東京都墨田区)Part1

例年では初秋か秋かに行く国指定名勝・史跡・向島百花園。
今回ははじめて夏に行ってみました。
午前中は雨で、午後から雨はあがり...。
なぜか、買い物ついでに、ふと思って立ち寄ってみました~

※向島百花園は、江戸の町人文化が花開いた文化・文政期(1804~1830年)に、骨とう商を営んでいた佐原鞠塢(きくう)が、交遊のあった江戸の文人墨客の協力を得て、花の咲く草木鑑賞を中心とした花園として開園しました。
百花園とは、一説では、「梅は百花に魁けて咲く」または「四季百花の乱れ咲く園」という意味でつけられたとされます。
開園当初は、360本のウメが主体でした。その後、詩経や万葉集などの中国、日本の古典に詠まれている有名な植物を集め、四季を通じて花が咲くようになりました。(案内パンフより)
mukouzima170723-108.jpg
綺麗なオニユリ(ユリ科)が見頃に~東京スカイツリーはすぐ近くです~。

それでは、向島百花園の模様を...。(↓[向島百花園・2017年7月編(国指定名勝・史跡・東京都墨田区)Part1]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

↓以前のブログ
【2016年】
向島百花園・2016年10月編(国指定名勝・史跡・東京都墨田区)Part2・2016年10月1日撮影
向島百花園・2016年10月編(国指定名勝・史跡・東京都墨田区)Part1・2016年10月1日撮影
【2015年】
向島百花園・2015年9月編(国指定名勝・史跡・東京都墨田区)・2015年9月27日撮影
【2013年】
向島百花園・2013年9月編(国指定名勝・史跡・東京都墨田区)・2013年9月7日撮影

現地案内→東京都公園協会「公園へ行こう」一般社団法人墨田区観光協会東京都公園協会「庭園へ行こう」

(2017年7月23日撮影)
[向島百花園・2017年7月編(国指定名勝・史跡・東京都墨田区)Part1]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/27(木) 22:17:49|
  2. 東京の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

田島ヶ原サクラソウ自生地・2017年7月編(桜草公園・埼玉県さいたま市)Part2

前回(田島ヶ原サクラソウ自生地・2017年7月編(桜草公園・埼玉県さいたま市)Part1)の続きです。
この日、曇りがちでしたが、蒸し暑い日で...
そのような最中、観察路を開花した花々など探しに周り...。

※荒川の河川敷、約4.12ヘクタールの指定地の中に、ノウルシ、チョウジソウ、オギなど約250種のほかの野草とともに約100万株(推定)のサクラソウが自生しています。
サクラソウは、サクラソウ科の多年生宿根で、日本では北海道を始め、本州、九州などに分布しています。春3月に芽を出し、4月末頃まで徐々に花をつけます。サクラソウ自生地としてはわが国唯一の国指定であり、他の荒川流域のサクラソウ自生地がほぼ消失してしまった現在では、大変貴重な存在です。埼玉県の花、さいたま市の花「サクラソウ」は、この田島ケ原のサクラソウに因むものです。
(さいたま市WEBサイトより)
sakurasou170717-101.jpg
夏の季節を感じるオニユリ(ユリ科)の開花がいっぱいに~。

それでは、桜草公園の模様を...。(↓[田島ヶ原サクラソウ自生地・2017年7月編(桜草公園・埼玉県さいたま市)Part2]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)


以前のブログ (スクロールで過去のブログへ)



現地案内→scvb_234x60.gif田島ケ原サクラソウ自生地を守る会

(2017年7月17日撮影)

[田島ヶ原サクラソウ自生地・2017年7月編(桜草公園・埼玉県さいたま市)Part2]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/26(水) 20:13:01|
  2. 埼玉の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

田島ヶ原サクラソウ自生地・2017年7月編(桜草公園・埼玉県さいたま市)Part1

3ヶ月ぶりの田島ヶ原サクラソウ自生地へ~。
ヨシが背丈以上に伸びて、すっかり夏の季節へ~。
いまではノカンゾウ、ヤブカンゾウ、トモエソウなどの野草、野鳥の鳴き声(オオヨシキリ、ウグイス)~サクラソウが見頃だった春から夏へ~季節が変わってきました。

田島ヶ原サクラソウ自生地は、荒川にかかる秋ヶ瀬橋の南側、河川敷に広がる4.1haの草原で、約100万株のサクラソウやノウルシなど約250種の野草が自生しており、国の特別天然記念物に指定されています。
(公益社団法人さいたま観光国際協会より)
sakurasou170717-114.jpg
ノカンゾウ(ススキノキ科・地域によって絶滅危惧種)があちらこちらに見られました~。

それでは、桜草公園の模様を...。(↓[田島ヶ原サクラソウ自生地・2017年7月編(桜草公園・埼玉県さいたま市)Part1]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)


以前のブログ (スクロールで過去のブログへ)



現地案内→scvb_234x60.gif田島ケ原サクラソウ自生地を守る会

(2017年7月17日撮影)
[田島ヶ原サクラソウ自生地・2017年7月編(桜草公園・埼玉県さいたま市)Part1]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/25(火) 21:34:36|
  2. 埼玉の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノダイオウ・2017年7月編(ラムサール条約湿地・渡良瀬遊水地)

久々の渡良瀬遊水地へ~。
今回はどんな貴重な植物が見られるか、散策してみました。
暑い最中でしたが...。

※渡良瀬遊水地の自然環境は緑豊かな広大なヨシ原が特徴で、遊水地全体の面積の内、2,500haが植生におおわれており、植生の約半分がヨシ原で、栃木県の「すぐれた自然」の一つに数えられています。これほどの環境を持つヨシ原は稀で、全国でも最大級の規模を誇り、本来の低地の自然環境が保全されているところとして、貴重な存在となっています。その広大なヨシ原には、多数の動植物が生息・生育しており、植物で 約1,000種、鳥類約260種、昆虫類(陸上、水中)約1,700種、魚類約50種もいます。広大なヨシ原や樹木、池沼には多くの野生生物が暮らしていて、キツネやタヌキ、それにタカの仲間であるチュウヒやサシバ、チョウゲンボウなどがいます。これらの野生生物は、かつては全国各地に生息していたものの、近年、生息環境の減少によりその数は減り続けています。現在関東地方でこれほどの豊かな生物相を維持している地域は極限られており、大変貴重な場所となっています。これは、遊水地としての機能を保持するために、広大なヨシ原や沼をごく自然にしてきた結果によるものです。
(渡良瀬遊水地より)
watarase170716-101.jpg
これまで、ここで何度もノダイオウ(タデ科・絶滅危惧Ⅱ類(VU))を拝見してきましたが、花後ばかりで...。
今回も同じですが、アップしてみました。(雑草で見られるギシギシに似た大きな植物で、このときは茶色に。)

それでは、渡良瀬遊水地の模様を...。(↓[ノダイオウ・2017年7月編(ラムサール条約湿地・渡良瀬遊水地)]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

↓以前の渡良瀬遊水地の植物のブログ
ワタラセツリフネソウ・2016年10月編(ラムサール条約湿地・渡良瀬遊水地・新種)・2016年10月2日撮影
ナガバノイシモチソウ・2016年7月編(ラムサール条約湿地・渡良瀬遊水地・絶滅危惧II類(VU))・2016年7月3日撮影
アゼオトギリ・2016年7月編(ラムサール条約湿地・渡良瀬遊水地・絶滅危惧ⅠB類(EN))・2016年7月3日撮影
タコノアシ・2015年10月編(ラムサール条約湿地・渡良瀬遊水地・準絶滅危惧)・2015年10月11日撮影
ヒメナエ(ラムサール条約湿地・渡良瀬遊水地・絶滅危惧Ⅱ類)・2015年6月20日撮影
トネハナヤスリ(ラムサール条約湿地・渡良瀬遊水地・絶滅危惧Ⅱ類)・2015年4月26日撮影
ノカラマツ(ラムサール条約湿地・渡良瀬遊水地・絶滅危惧Ⅱ類)・2014年7月6日撮影
フジバカマ(渡良瀬遊水地・ラムサール条約湿地・準絶滅危惧)・2012年9月15日撮影
ホソバオグルマ(渡良瀬遊水地・絶滅危惧Ⅱ類)・2012年8月12日撮影
ヒメシロアサザ(渡良瀬遊水地・湿地園・絶滅危惧Ⅱ類)・2012年7月29日撮影
タチスミレ(渡良瀬遊水地・湿地園・絶滅危惧Ⅱ類)・2012年6月24日撮影
ミズアオイ(渡良瀬遊水地・湿地園・準絶滅危惧種)・2011年8月21日撮影
ゴマノハグサ(渡良瀬遊水地・絶滅危惧Ⅱ類)・2009年6月28日撮影
ノジトラノオ(渡良瀬遊水地)・2009年6月20日撮影

現地詳細・クイック→渡良瀬遊水地

(2017年7月16日撮影)
[ノダイオウ・2017年7月編(ラムサール条約湿地・渡良瀬遊水地)]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/23(日) 21:52:32|
  2. 渡良瀬遊水地の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オニバス自生地・2017年7月編(埼玉県加須市)

3年ぶりのアップとなってしまいましたが、開花前に立ち寄ってみました。
とても暑い最中でしたが、ミソハギ(ミソハギ科)の開花、この時期に見られる昆虫などの観賞ができました。
静かなオニバス自生地での撮影~。

※オニバスはスイレン科の巨大な浮葉の一年草で、毎年5月頃から水底の種子が発芽し、7月頃にはトゲのある丸い葉を広げるようになり、多きもので直径2mにも成長します。オニバスは埼玉県レッドデータブックにおいて絶滅危惧1A類に指定されています。県内唯一の自生地であり、市の天然記念物として大切に保護しています。
(加須市観光協会より)
onibasu170716-101.jpg
農業用水路に開花する貴重なオニバス(スイレン科・絶滅危惧Ⅱ類(VU)・埼玉県では絶滅危惧Ⅰ類(CE))。
この時期は、まだ幼葉です。今月末か来月には開花が見られると思います。

ご案内です。
onibasu170716-202.jpg
(↑画像クイックで拡大)

オニバス
スイレン科オニバス属
生息地:  池・沼
分布:   本州、九州
花期:   8月~10月
花色:   赤紫色
花の大きさ:4cm
生活型:  1年草
保全状況:絶滅危惧Ⅱ類(VU)(環境省レッドリスト)・(絶滅危惧Ⅰ類(CE)埼玉県レッドリスト)

それでは、オニバス自生地の模様を...。(↓[オニバス自生地・2017年7月編(埼玉県加須市)]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

↓以前のブログ
オニバス自生地・2014年7月編(埼玉県加須市)・2014年7月6日撮影
オニバス自生地・2012年7月編(埼玉県加須市)・2012年7月29日撮影

現地案内→加須市ホームページ加須市観光協会

(2017年7月16日撮影)
[オニバス自生地・2017年7月編(埼玉県加須市)]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/21(金) 20:26:31|
  2. 埼玉の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホテイアオイ・2017年7月編(道の駅 童謡のふる里 おおとね・埼玉県加須市)

毎年恒例のように行っている道の駅 童謡のふる里 おおとね。
今シーズンも綺麗なホテイアオイ(ミズアオイ科)を見てまいりました。
ここ道の駅ですので、人出がなにかと多く、その人出のなかでホテイアオイ(ミズアオイ科)を観賞する方々も...。

※道の駅周辺の休耕田(1.5ha)では、7月から10月にかけて薄紫色の可憐な「ホテイアオイ」 の花が咲きつづけます。これは道の駅推進協議会による町おこし事業として、1年間を通じた農業創生センターのイベントと連携し栽培を行っています。(国土交通省関東地方整備局ホームページより)
ootone170716-103.jpg
良い見頃の季節になりました~。

【ホテイアオイ】
ミズアオイ科ホテイアオイ属
①原産地:熱帯アメリカ
②園芸分類:多年草(水性植物)
③花期:7~9月
④花色:淡青紫色
⑤花の大きさ:5cm
⑥草丈:20cm~30cm
⑦耐寒性:弱い
(ヤマケイポケットガイドより)

それでは、ホテイアオイの開花の模様を...。(↓[ホテイアオイ・2017年7月編(道の駅 童謡のふる里 おおとね・埼玉県加須市)]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

↓以前のブログ
ホテイアオイ・2016年7月編(道の駅 童謡のふる里 おおとね・埼玉県加須市)・2016年7月3日撮影
ホテイアオイ・2015年6月編(道の駅 童謡のふる里 おおとね・埼玉県加須市)・2015年6月20日撮影
ホテイアオイ・2014年8月編(道の駅 童謡のふる里 おおとね・埼玉県加須市)・2014年8月3日撮影
ホテイアオイ・2014年7月編(道の駅 童謡のふる里 おおとね・埼玉県加須市)・2014年7月6日撮影
ホテイアオイ・2012年9月編(道の駅 童謡のふる里 おおとね・埼玉県加須市)・2012年9月15日撮影
ホテイアオイ・2012年7月編(道の駅 童謡のふる里 おおとね・埼玉県加須市)・2012年7月29日撮影
ホテイアオイ・2011年8月編(道の駅 童謡のふる里 おおとね・埼玉県加須市)・2011年8月7日撮影
ウォーターポピー(道の駅 童謡のふる里おおとね)・2009年9月4日撮影

現地案内→道の駅 童謡のふる里おおとね

(2017年7月16日撮影)
[ホテイアオイ・2017年7月編(道の駅 童謡のふる里 おおとね・埼玉県加須市)]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/19(水) 21:19:08|
  2. 埼玉の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏の花めぐり・2017年7月編(都立舎人公園・東京都足立区)Part7

前回(夏の花めぐり・2017年7月編(都立舎人公園・東京都足立区)Part6)の続きです。
暑い最中の昼時でしたので、このとき誰もいないところでの撮影でした。
近くでは管理の方がいらっしゃいましたが、花壇・野草園内を数周し...。何かないかと。

※舎人公園は、東京にありながら広がる空と多様な自然が楽しめる、くつろぎの空間です。みどりと水に恵まれた敷地は現在も造成が進み、最終的な計画では、69.5ヘクタールに及ぶ予定です。現在はスポーツ施設、様々な広場、池などが整備された約61.2ヘクタールを開園しています。(東京都公園協会より)
toneri170715-116.jpg
そばに池がないにもかかわらず、チョウトンボ(トンボ科・地域によって絶滅危惧種)がたくさん見られました~。
それも駅前の野草園に...(・・?(p_-)

それでは、都立舎人公園の模様を...。(↓[夏の花めぐり・2017年7月編(都立舎人公園・東京都足立区)Part6]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)


以前のブログ (スクロールで過去のブログへ)



現地案内→東京都公園協会舎人公園野草園

(2017年7月15日撮影)
[夏の花めぐり・2017年7月編(都立舎人公園・東京都足立区)Part7]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/18(火) 20:14:41|
  2. 東京の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の花めぐり・2017年7月編(都立舎人公園・東京都足立区)Part6

もう2月以来の都立舎人公園~しばらくぶりの来園。
このところ夏日の暑さが続き、夏の花々の開花は、いかほどかと....。(p_-)
熱中症対策の水分補給しながらの撮影でした...。

※舎人公園は、東京にありながら広がる空と多様な自然が楽しめる、くつろぎの空間です。みどりと水に恵まれた敷地は現在も造成が進み、最終的な計画では、69.5ヘクタールに及ぶ予定です。現在はスポーツ施設、様々な広場、池などが整備された約61.2ヘクタールを開園しています。(東京都公園協会より)
toneri170715-111.jpg
このユリは、オレンジ系のカノコユリ(ユリ科)と思われます。
そこに、クロアゲハ(アゲハチョウ科)が~。

それでは、都立舎人公園の模様を...。(↓[夏の花めぐり・2017年7月編(都立舎人公園・東京都足立区)Part6]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)


以前のブログ (スクロールで過去のブログへ)



現地案内→東京都公園協会舎人公園野草園

(2017年7月15日撮影)
[夏の花めぐり・2017年7月編(都立舎人公園・東京都足立区)Part6]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/17(月) 09:53:21|
  2. 東京の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

園芸植物園・2017年7月編(大崎公園・埼玉県さいたま市緑区)

7月の園芸植物園(大崎公園)へ~。
まだ梅雨時期ですが、いやいや真夏続き...。
園内ではやはり季節の移り変わりがしっかりと...夏の花々が見られるようになりました~。

※園芸植物園は、約35,000㎡の敷地に、大・中・小の花き展示温室と花木園、見本庭園などがあります。この植物園は、市民が花と緑に触れ合うことのできる場でもあり、多くの方々に親しまれています。
(案内パンフより)
engei170709-104.jpg
綺麗なユリの開花が見られました~。

それでは、園芸植物園の模様を...。(↓[園芸植物園・2017年7月編(大崎公園・埼玉県さいたま市緑区)]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)


以前のブログ (スクロールで過去のブログへ)



現地案内→さいたま市のWebサイトさいたま公園ナビ

(2017年7月9日撮影)
[園芸植物園・2017年7月編(大崎公園・埼玉県さいたま市緑区)]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/14(金) 22:40:49|
  2. 埼玉の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の花めぐり・2017年7月編(花と緑の振興センター・埼玉県川口市)Part5

前回(夏の花めぐり・2017年7月編(花と緑の振興センター・埼玉県川口市)Part4)の続きです。
花と緑の振興センターの西園での夏の花々、梅園の香りの良い綺麗なヤマユリを観賞後、西園での散策~。
とても暑い最中でしたが、周ってみました~熱中症が気になるほどの暑さ...短時間で。

※花と緑の振興センターには、梅(約290本・約150品種)、桜(約110本・約60品種)、サツキ・ツツジ類(約680本、約370品種)、ツバキ・サザンカ類(約1180本、約480品種)、カエデ類(約140本、約80品種)、桜草(約300品種)などを展示しています。
hanatomidori170709-122.jpg
夏の季節感を感じるノカンゾウ(ススキノキ科・地域によって絶滅危惧種)が見られました~。

それでは、花と緑の振興センターの模様を...。(↓[夏の花めぐり・2017年7月編(花と緑の振興センター・埼玉県川口市)Part5]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)


以前のブログ (スクロールで過去のブログへ)


現地案内→花と緑の振興センターscvb_234x60.gif

(2017年7月9日撮影)
[夏の花めぐり・2017年7月編(花と緑の振興センター・埼玉県川口市)Part5]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/12(水) 21:47:46|
  2. 埼玉の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏の花めぐり・2017年7月編(花と緑の振興センター・埼玉県川口市)Part4

7月の花と緑の振興センターへ~。
この日、まだ梅雨時期にもかかわらず、天候がいいのですが...猛暑にはちょっと...。
そんな中でも、なんとか夏の花の観賞を~。

※花と緑の振興センターは、植木・果樹苗木などの生産出荷の指導、盆栽等の輸出振興、緑化に対する知識の向上等に関する業務を行っています。園内には植木類、鑑賞用樹木類を中心に2000種類以上の植物を展示しています。
hanatomidori170709-111.jpg
良い香りの綺麗なヤマユリ(ユリ科・日本固有種・地域によって絶滅危惧種)~。
ここのヤマユリは自生種です。

hanatomidori170709-201.jpg
(↑画像クイックで拡大)

それでは、花と緑の振興センターの模様を...。(↓[夏の花めぐり・2017年7月編(花と緑の振興センター・埼玉県川口市)Part4]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)


以前のブログ (スクロールで過去のブログへ)


現地案内→花と緑の振興センターscvb_234x60.gif

(2017年7月9日撮影)
[夏の花めぐり・2017年7月編(花と緑の振興センター・埼玉県川口市)Part4]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/11(火) 22:52:24|
  2. 埼玉の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

万葉植物苑・ふるさとの森・2017年7月編(安行赤堀用水沿斜面林保全緑地・埼玉県川口市)

7月の万葉植物苑・ふるさとの森へ~。
天候に恵まれた日でしたが、やはり、この時期は暑さが...
まだ梅雨時期ですが...。
アジサイ、ハナショウブなど初夏の花々からユリなどの夏の花々へ~。

※イチリンソウの自生地でもある「安行赤堀用水沿い斜面林保全緑地」に平成21年(2009)4月18日に万葉植物苑がオープンしました。万葉集の句で詠まれている植物が植えられており、安行みどりのまちづくり協議会のメンバーの皆さんが運営管理しています。その季節ごとに違った植物を無料で観賞する事ができます。
(川口city.comより)
manyo170709-102.jpg
綺麗なユリの時期へ~。

万葉集では...。
路(みち)の邊(べ)の 草深百合(くさふかゆり)の後にとふ 妹(いも)が命(いのち)をわれ知(し)らめやも・柿本人麻呂(かきのもとひとまろ)
「会ってくれませんか、というと、いつもあの娘は、あとでね、とさらりとかわしてしまう。道端の茂みにひっそりと咲くユリの花のように、いつまでも待てません。」

それでは、万葉植物苑・ふるさとの森の模様を...。(↓[万葉植物苑・ふるさとの森・2017年6月編(安行赤堀用水沿斜面林保全緑地・埼玉県川口市)]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)


以前のブログ (スクロールで過去のブログへ)



現地案内→川口city.com川口市ホームページ公益財団法人川口緑化センター 樹里安

(2017年7月9日撮影)
[万葉植物苑・ふるさとの森・2017年7月編(安行赤堀用水沿斜面林保全緑地・埼玉県川口市)]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/10(月) 22:44:41|
  2. 埼玉の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鳥類園・2017年7月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part2

前回(鳥類園・2017年7月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part1)の続きです。
この日気温が高く、汗ばみながらの散策となりましたが、野鳥、水鳥を見つけると、その暑さがどこかへ...。
あまり夢中になると、熱中症による体調の変化に気づかないこともあるので、ほどほどに休憩。

※葛西臨海公園の鳥類園は、園内東側の約3分の1の区域で、核となる鳥類園ウォッチングセンターでは、レクチャールームや情報コーナーで、鳥に関する映像や展示をしています。
また、園内には二つの池、観察小屋、観察窓などがあり、野鳥等の自然観察ができます。
葛西臨海公園(公園へ行こう!東京都公園協会)より)
kasai170702-119.jpg
下の池(汽水池)に見られるコチドリ(チドリ科・地域によって絶滅危惧種・東京都では絶滅危惧Ⅱ類(VU))~。
今回は、近くで見られることができました~

それでは、鳥類園の様子を...。(↓[鳥類園・2017年7月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part2]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

↓以前のブログ
【2017年】
鳥類園・2017年5月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part1・2017年5月28日撮影
鳥類園・2017年5月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part2・2017年5月28日撮影

冬散歩・2017年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part1・2017年1月29日撮影
冬散歩・2017年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part2・2017年1月29日撮影
鳥類園・2017年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part1・2017年1月29日撮影
鳥類園・2017年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part2・2017年1月29日撮影
【2016年】
葛西臨海水族園・2016年10月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)・2016年10月10日撮影
鳥類園・2016年2月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)・2016年2月28日撮影
早春の花めぐり・2016年2月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part8・2016年2月28日撮影
【2015年】
冬散歩・2015年12月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part3・2015年12月27日撮影
渚からの風景・2015年12月編(葛西海浜公園・東京都江戸川区)・2015年12月27日撮影
水仙まつり・2015年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)・2015年1月12日撮影
【2014年】
水仙まつり・2014年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)・2014年1月2日撮影
【2013年】
渚からの風景・2013年9月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)・2013年9月16日撮影
渚からの風景・2013年7月編(葛西海浜公園、葛西臨海公園・東京都江戸川区)・2013年7月15日撮影
水仙まつり・2013年2月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)・2013年2月3日撮影

現地案内→葛西臨海公園(公園へ行こう!東京都公園協会)

(2017年7月2日撮影)
[鳥類園・2017年7月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part2]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/09(日) 21:56:08|
  2. 東京の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳥類園・2017年7月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part1

7月の葛西臨海公園の鳥類園へ~。
今回はどんな野鳥や水鳥が~。

ここは昔、遠浅で干潮時には干潟が広がる豊かな海でした。干潟には、貝や魚、カニなどが豊富で、それらを餌とする多種多様な野鳥たちも集まっていました。しかし、東京湾では埋め立て、公害などのために、年々そういった干潟が減りつつあります。
この鳥類園では、様々な種類の野鳥が多く集まってくるようにと、上の池(淡水池)・下の池(汽水池・・・淡水と海水が混ざった池)の2つの池が作られ、失われていく干潟を再現しています。また、野鳥が実を好む木をはじめ、いろいろな樹木も植えられています。(現地案内・「鳥類園へようこそ」より)

※葛西臨海公園の鳥類園は、園内東側の約3分の1の区域で、核となる鳥類園ウォッチングセンターでは、レクチャールームや情報コーナーで、鳥に関する映像や展示をしています。
また、園内には二つの池、観察小屋、観察窓などがあり、野鳥等の自然観察ができます。
葛西臨海公園(公園へ行こう!東京都公園協会)より)
kasai170702-107.jpg
以前、カイツブリ(カイツブリ科・地域によって絶滅危惧種・東京都では準絶滅危惧(NT))の巣が見られましたが、もうヒナが見られるようになりました~。

それでは、鳥類園の様子を...。(↓[鳥類園・2017年7月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part1]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

↓以前のブログ
【2017年】
鳥類園・2017年5月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part1・2017年5月28日撮影
鳥類園・2017年5月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part2・2017年5月28日撮影

冬散歩・2017年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part1・2017年1月29日撮影
冬散歩・2017年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part2・2017年1月29日撮影
鳥類園・2017年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part1・2017年1月29日撮影
鳥類園・2017年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part2・2017年1月29日撮影
【2016年】
葛西臨海水族園・2016年10月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)・2016年10月10日撮影
鳥類園・2016年2月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)・2016年2月28日撮影
早春の花めぐり・2016年2月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part8・2016年2月28日撮影
【2015年】
冬散歩・2015年12月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part3・2015年12月27日撮影
渚からの風景・2015年12月編(葛西海浜公園・東京都江戸川区)・2015年12月27日撮影
水仙まつり・2015年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)・2015年1月12日撮影
【2014年】
水仙まつり・2014年1月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)・2014年1月2日撮影
【2013年】
渚からの風景・2013年9月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)・2013年9月16日撮影
渚からの風景・2013年7月編(葛西海浜公園、葛西臨海公園・東京都江戸川区)・2013年7月15日撮影
水仙まつり・2013年2月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)・2013年2月3日撮影

現地案内→葛西臨海公園(公園へ行こう!東京都公園協会)

(2017年7月2日撮影)
[鳥類園・2017年7月編(葛西臨海公園・東京都江戸川区)Part1]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/08(土) 23:15:06|
  2. 東京の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏の花めぐり・2017年7月編(富士公園・東京都江戸川区)Part3

3年ぶりにアップしてみました~。
前回(なぎさ公園・2017年7月編(総合レクリエーション公園・東京都江戸川区))のなぎさ公園のお隣の公園~連絡通路があります~ちょっと開花が気になって寄ってみました。

※富士公園は、面積40,341平方メートルの広さがあり、フィールドアスレチック、キャンプ場、バーべキュー場があります。
お隣の公園(なぎさ公園、フラワーガーデン)の移動に、便利なパノラマシャトルが運行しています。
fujikouen170702-103.jpg
綺麗なアガパンサス(ヒガンバナ科・体系によってユリ科)が見られるようになりました~。

それでは、富士公園の様子を...。(↓[夏の花めぐり・2017年7月編(富士公園・東京都江戸川区)Part3]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

↓以前のブログ
アガパンサス・2014年7月編(富士公園・東京都江戸川区)・2014年7月13日撮影

現地案内→江戸川区公式ホームページえどがわ環境財団

(2017年7月2日撮影)
[夏の花めぐり・2017年7月編(富士公園・東京都江戸川区)Part3]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/07(金) 20:56:40|
  2. 東京の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

なぎさ公園・2017年7月編(総合レクリエーション公園・東京都江戸川区)

2か月ぶりに立ち寄ってみました~。
以前5月にはじめて立ち寄ったときにハーブが見られるのを思い出しました。
7月のハーブのシーズンはどうかなぁ~と思い...。

※【総合レクリエーション公園】
西葛西駅前から東は旧江戸川に隣接するなぎさ公園までの東西3キロメートルにわたり各種遊び場が連なっている、まさに“総合”公園です。幼児向けの遊具が揃う「子供の広場」、アスレチックもある「富士公園」、バラを楽しむなら「フラワーガーデン」、ポニー乗馬やハーブ園もある「なぎさ公園」と、目的によってさまざまな遊び方ができます。広くて細長い園内の移動は、パノラマシャトルが便利です。
公益財団法人えどがわ環境財団より)
【なぎさ公園】
少年用の野球広場、サッカー等が楽しめるスポーツ広場があります。
その他にもポニーランドや遊具広場があり、様々な遊び方ができます。
春にはツツジ山で55品種10000株のツツジが咲き誇り、展望の丘からは旧江戸川が望めます。
(江戸川区公式ホームページより)
nagisa170702-104.jpg
7月といえば、やはり香りの良いラベンダー(シソ科)の季節~ナミアゲハ(アゲハチョウ科)が見られました~。

それでは、なぎさ公園の模様を...。(↓[なぎさ公園・2017年7月編(総合レクリエーション公園・東京都江戸川区)]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

↓以前のブログ
なぎさ公園・2017年5月編(総合レクリエーション公園・東京都江戸川区)・2017年5月28日撮影

現地案内→公益財団法人えどがわ環境財団江戸川区公式ホームページ

(2017年7月2日撮影)
[なぎさ公園・2017年7月編(総合レクリエーション公園・東京都江戸川区)]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/06(木) 21:15:57|
  2. 東京の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネジバナ・2017年7月編(ラン科・埼玉県)

先月(6月)咲きはじめたネジバナ(ラン科)が見頃に~。
身近なところから山地まで見られるなかなか色合いの良いお花~。
ちょっと気になっているお花の一つです~

ネジバナ(別名:モジズリ)
ラン科ネジバナ属
生育地:草地、芝生、草原など
生活型:多年草
花期:6月~8月(早いものだと4月、遅いものだと9月にもあるようです。)
花色:淡紅色
花の大きさ:4~5mm
茎の高さ:15cm~40cm
nezibana170702-102.jpg
いろいろな巻き方があるネジバナ(ラン科)~
残念な気もしますが、来週草刈りでなくなる前に...。今シーズン見納めです。(p_-)このあとは、また来シーズン。

それでは、ネジバナの開花を...。(↓[ネジバナ・2017年7月編(ラン科・埼玉県)]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

↓以前のブログ
ネジバナ・2017年6月編(ラン科・埼玉県)・2017年6月25日撮影
ネジバナ・2013年6月編(埼玉県)2013年6月23日撮影

(2017年7月2日撮影)
[ネジバナ・2017年7月編(ラン科・埼玉県)]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/04(火) 20:33:51|
  2. 埼玉の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夏の花めぐり・2017年7月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part2

前回(夏の花めぐり・2017年7月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part1)の続きです。
この日、なぜか気温は5月に来たときよりも涼しく~。
とても過ごしやすい日となりました。

※【自然観察園】
数少ない貴重な植物群落の学習の場として昭和63年6月に一般開放されました。
園内には昔、多摩川が武蔵野の台地を削ってできた河岸段丘「国分寺崖線」があります。この崖下からは地下水が湧き出していて、四季折々の野草や野鳥、昆虫などが見られ自然の宝庫となっています。また、自然観察園の対岸にある自然観察センターでは、野川や国分寺崖線を中心とした自然と人文についての展示、解説のほか、自然観察会などの催物を行っています。
この貴重な自然を守り、維持管理作業をしているのがボランティアで、現在約100名が四季を通して活躍しています。(定休日:月曜日※但し祝日の場合は翌日/開園時間:9時30分~16時30分)
野川公園・むさしのの都立公園より)
nogawa170701-115.jpg
夏の季節を感じるノカンゾウ(ススキノキ科・地域によって絶滅危惧種)が見られました~。

それでは、都立野川公園の模様を...。(↓[春の花めぐり・2017年5月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part2]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

↓以前のブログ
春の花めぐり・2017年5月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part11・2017年5月20日撮影
早春の花めぐり・2017年3月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part10・2017年3月20日撮影
早春の花めぐり・2017年3月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part9・2017年3月20日撮影
早春の花めぐり・2017年3月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part8・2017年3月20日撮影
ぶらり冬散歩・2017年2月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part2・2017年2月5日撮影
ぶらり冬散歩・2017年2月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part1・2017年2月5日撮影
ぶらり冬散歩・2017年1月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part5・2017年1月9日撮影

現地案内→野川公園・むさしのの都立公園野川公園・東京都公園協会

(2017年7月1日撮影)
[夏の花めぐり・2017年7月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part2]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/03(月) 21:12:14|
  2. 東京の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の花めぐり・2017年7月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part1

早いもので7月になり、一年の後半へ~。
この日の午前中は雨...午後も雨かと思いましたが、一変して雨が上がり...。
天候が変わったことで、夏になった野川公園の様子をちょっと拝見したいと思い、行ってきました~。

※【都立野川公園】
豊かな水と緑に恵まれた野趣に富む公園です。野川公園の前身は、国際基督教大学のゴルフ場です。昭和49年からゴルフ場を買収し、その周辺の神代植物公園、武蔵野公園、多磨霊園、調布飛行場、浅間山公園、府中の森公園などの緑地を含め「武蔵野の森構想」のもとに造成を行い、昭和55年6月に開園しまし た。
この公園は、調布、小金井、三鷹の三市にまたがり、野川と都道246号線(東八道路)とで三つの地区に分かれています。国分寺崖線に接し、豊かな自然が残 されている野川の北側、野川と都道にはさまれた起伏のある芝生広場、そして広々とした芝生広場とテニスコート・ゲートボール場・アスレチックのある南側。 緑にひたり、のびのびした気分を味わうことができます。
野川公園・むさしのの都立公園より)
nogawa170701-109.jpg
ヤブコウジ(別名:十両・サクラソウ科・体系によってはヤブコウジ科)の開花が見られました~。

それでは、都立野川公園の模様を...。(↓[夏の花めぐり・2017年7月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part1]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

↓以前のブログ
春の花めぐり・2017年5月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part11・2017年5月20日撮影
早春の花めぐり・2017年3月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part10・2017年3月20日撮影
早春の花めぐり・2017年3月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part9・2017年3月20日撮影
早春の花めぐり・2017年3月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part8・2017年3月20日撮影
ぶらり冬散歩・2017年2月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part2・2017年2月5日撮影
ぶらり冬散歩・2017年2月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part1・2017年2月5日撮影
ぶらり冬散歩・2017年1月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part5・2017年1月9日撮影

現地案内→野川公園・むさしのの都立公園野川公園・東京都公園協会

(2017年7月1日撮影)
[夏の花めぐり・2017年7月編(都立野川公園・東京都調布市、小金井市、三鷹市)Part1]の続きを読む

Twitterのタイムラインを表示しています。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/07/02(日) 21:38:55|
  2. 東京の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

nomu

Author:nomu
山野草や園芸品種の花々・山岳風景・清流の川や滝など色々な自然風景を見にドライブで周遊することが好きな自分です。
主に関東周辺を撮影エリアとしています。
様々な自然のなかに入るたびに、果てしない自然の奥深さ、美しさに感動します~(^^)

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター


無料カウンター

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる