やすらぐ自然を追い求めて・ブログ編

身近な自然風景・山・滝・お花など、気ままに感じたことを載せるブログです。

筑波実験植物園・2014年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part1

前回(日本の固有植物展・2014年5月編(筑波実験植物園・茨城県つくば市))「日本の固有植物展」を観賞し、続いて植物園内の様子を...。
以前はGW中での観賞でした。今回はGW後の観賞。
この時期の植物も気になっていました。
GWの時とは違った植物の開花が...。
tukuba140518-125.jpg
早くも拝見できたニッコウキスゲ(ススキノキ科・旧ユリ科)と群生のようなアヤメ(アヤメ科)が見頃でした~。

それでは、筑波実験植物園の模様を...。(↓[筑波実験植物園・2014年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part1]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

↓以前のブログ
日本の固有植物展・2014年5月編(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2014年5月18日撮影

筑波実験植物園・2013年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part1・2013年5月4日撮影
筑波実験植物園・2013年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part2・2013年5月4日撮影
クレマチス園公開・2013年5月編(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2013年5月4日撮影

日本の固有植物展(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2011年11月3日撮影

世界最大のラン(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2009年12月20日撮影

現地案内→国立科学博物館 筑波実験植物園

(2014年5月18日撮影)

Twitterのタイムラインを表示しています。


園内正門そばに、セイヨウボダイジュ(シナノキ科・別名:ナツボダイジュ)の葉が青々と...。
tukuba140518-128.jpg

セイヨウボダイジュの解説。
tukuba140518-129.jpg
(↑画像クイックで拡大)

カルミヤ(ツツジ科・別名:アメリカシャクナゲ)が見頃。ほんとに変わったお花です。
tukuba140518-130.jpg

チョウセンニワフジ(マメ科・絶滅危惧種)。
tukuba140518-131.jpg

結構、目立っていたお花の一つです。
tukuba140518-132.jpg

ヤマトレンギョウ(モクセイ科・絶滅危惧種・日本固有種)。
tukuba140518-133.jpg

筑波山(筑波山・2012年7月編(日本百名山・茨城県つくば市、桜川市)Part1 )での観賞以来...ホシザキユキノシタ(ユキノシタ科・日本固有種・つくば市天然記念物)が咲きはじめました~。
tukuba140518-134.jpg

コレクション特別公開として、クレマチス園(約1200株)が公開されています。
もうこの時期では見頃過ぎのようですが、まだ綺麗に見られるクレマチス(キンポウゲ科)があります。
期間:2014年5月3日(土・祝)~6月8日(日)
tukuba140518-206.jpg

‘はるな’というクレマチス。
tukuba140518-207.jpg

‘ドクター・ルッペル’というクレマチス。
tukuba140518-208.jpg

ベル型‘籠口’というクレマチス。これもクレマチスかぁ~と思いました
tukuba140518-135.jpg

タカネマツムシソウ(スイカズラ科・旧マツムシソウ科・マツムシソウの高山型・日本固有種)。
tukuba140518-136.jpg

サンショウバラ(バラ科)。花期は6月なのですが、もう咲いていました。
神奈川、山梨、静岡県に分布。名は葉や枝の刺がサンショウに似ていることから。
tukuba140518-137.jpg

サンショウバラも日本固有種です。世界一のバラとして...。
tukuba140518-138.jpg
(↑画像クイックで拡大)

山で見かけるヤグルマソウ(ユキノシタ科)。もう見られました。
tukuba140518-139.jpg

クリンソウ(サクラソウ科)が開花し始めました。
tukuba140518-140.jpg

日本固有種のモチツツジ(ツツジ科)。見頃過ぎでした。
tukuba140518-141.jpg

ジャケツイバラ(マメ科・地域によって絶滅危惧種)。
tukuba140518-142.jpg

tukuba140518-143.jpg
(↑画像クイックで拡大)

藪(やぶ)が見えますか(・・?
tukuba140518-144.jpg

コゴメウツギ(バラ科)。
tukuba140518-145.jpg

自分ではあまり見ることがなかったマユミの花(ニシキギ科)。秋に実はよく見ましたが...。
tukuba140518-146.jpg

ヒメカンゾウ(ススキノキ科・旧ユリ科)
ニツコウキスゲよりやや小型。花茎は25cm~40cmぐらい。花期は5月頃。
tukuba140518-147.jpg

アヤメ(アヤメ科)の多さに驚きました。
tukuba140518-148.jpg

ニッコウキスゲ(ススキノキ科・旧ユリ科)が何とか見られました。ここのニッコウキスゲの開花が早いので...(^^;)GWで終わりかと。
tukuba140518-149.jpg

サラサドウダン(ツツジ科)。
tukuba140518-150.jpg

オオコメツツジ(ツツジ科)。本州の山形県から滋賀県にかけた日本海側に分布。
tukuba140518-151.jpg

ムシャリンドウ(シソ科・絶滅危惧種)。
tukuba140518-152.jpg

タカネバラ(バラ科・日本固有種)。
tukuba140518-153.jpg

もう見られるとは思いませんでした...コマクサ(ケマンソウ科・地域によって絶滅危惧種)。
tukuba140518-126.jpg

あまりにも植物が多すぎて...。
まだまだ続きます。
それではまた~。

↓以前のブログ
日本の固有植物展・2014年5月編(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2014年5月18日撮影

筑波実験植物園・2013年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part1・2013年5月4日撮影
筑波実験植物園・2013年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part2・2013年5月4日撮影
クレマチス園公開・2013年5月編(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2013年5月4日撮影

日本の固有植物展(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2011年11月3日撮影

世界最大のラン(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2009年12月20日撮影

現地案内→国立科学博物館 筑波実験植物園

(2014年5月18日撮影)
スポンサーサイト

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2014/05/23(金) 22:56:09|
  2. 植物園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<筑波実験植物園・2014年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part2 | ホーム | 日本の固有植物展・2014年5月編(筑波実験植物園・茨城県つくば市)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasuragusizen.blog85.fc2.com/tb.php/1143-cec4779f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

nomu

Author:nomu
山野草や園芸品種の花々・山岳風景・清流の川や滝など色々な自然風景を見にドライブで周遊することが好きな自分です。
主に関東周辺を撮影エリアとしています。
様々な自然のなかに入るたびに、果てしない自然の奥深さ、美しさに感動します~(^^)

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター


無料カウンター

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる