やすらぐ自然を追い求めて・ブログ編

身近な自然風景・山・滝・お花など、気ままに感じたことを載せるブログです。

皇居東御苑・2014年12月編(皇居・東京都千代田区)Part2

前回(皇居東御苑・2014年12月編(皇居・東京都千代田区)Part1)の続きです。
皇居東御苑には、秋季皇居乾通り一般公開での流れで人出がいっぱいです。
苑内どこへ行っても、にぎやかで楽しい雰囲気いっぱい~。
あの乾通りの大勢の人の波のあとですから、ホッとした気分も...。

この皇居東御苑は、旧江戸城の本丸及び二・三の丸にあたります。
本丸は将軍の居所や政務をつかさどる御殿があり、二の丸には将軍別邸や世継の御殿がありました。
苑内には、天守台や富士見櫓・多聞をはじめ旧江戸城を偲ばせる建物、遺構が残されています。
higashigyoen141206-102.jpg
苑内の二の丸池のそばに、もう日本水仙(ヒガンバナ科(クロンキスト体系ではユリ科))の開花の時期となりました~。

それでは、皇居東御苑の模様を...。(↓[皇居東御苑・2014年12月編(皇居・東京都千代田区)Part2]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

現地案内→宮内庁ホームページ千代田区観光協会

(2014年12月6日撮影)

Twitterのタイムラインを表示しています。


江戸城跡の天守台からの風景です~。本丸方面。
higashigyoen141206-122.jpg

これは、対面の本丸から江戸城跡の天守台への風景です~。
higashigyoen141206-123.jpg

再び江戸城跡の天守台からの風景~。遠望は大手町のビル街。
higashigyoen141206-124.jpg

天守台とは...。
higashigyoen141206-125.jpg
(↑画像クイックで拡大)

野草の島へ。
四季折々、このような植物が見られます。
higashigyoen141206-126.jpg
(↑画像クイックで拡大)

まだ少しだけ、ツワブキ(キク科)の開花が見られました。
higashigyoen141206-127.jpg

センリョウ(センリョウ科)の実がたくさん~。
もう正月の準備ですね~。
higashigyoen141206-128.jpg

この時期の野草の島での花々は、ほとんどありませんが、春以降が楽しみですね~(^^ゞ
higashigyoen141206-129.jpg

ちょっと、乾通りからも見た、富士見櫓(ふじみやぐら)の裏を...。(手前の門で閉鎖されています)
higashigyoen141206-130.jpg

江戸城の跡である皇居東御苑に江戸時代の品種である果樹を植えれば,訪れる人々にとっても興味深いことではないかとの天皇陛下のお考えで、果樹古品種園の整備されています。(場所は、本丸の富士見櫓のそばの一画)
どの品種かわかりませんが、天皇皇后両陛下のご植樹された品種があります。
higashigyoen141206-132.jpg

この柑橘の品種は、サンボウカン(ミカン科・紀州徳川家和歌山場内に...。)という果樹古品種です。
higashigyoen141206-131.jpg

higashigyoen141206-134.jpg

これは、カブス(ミカン科・インドヒマラヤ原産)です。
higashigyoen141206-133.jpg

果樹古品種園のそばでは、秋咲きのツツジも見られました~。
higashigyoen141206-135.jpg

二の丸方面へ。
もうシナマンサク(マンサク科)が咲きはじめました~。(大番所近く)
higashigyoen141206-104.jpg

二の丸へ進み...。
イチョウに紅葉に...この良い感じの石垣の以前は、ひび割れ、剥離ですごかったようです。
この石垣は、本丸中之門石垣といい、平成17年8月から平成19年3月まで補修工事をされたようです。
higashigyoen141206-136.jpg

二の丸へ入りました~。やはり紅葉の色合いがよく~。
higashigyoen141206-137.jpg

このような植物が見られ、楽しみですね~(^^)
higashigyoen141206-138.jpg
(↑画像クイックで拡大)

ガマズミ(スイカズラ科)の実が赤く...。
higashigyoen141206-139.jpg

二の丸池のそばに、日本水仙(ヒガンバナ科(クロンキスト体系ではユリ科))。
higashigyoen141206-140.jpg

二の丸池では、このような水生植物が見られるようです。
この開花の時期にも行きたいですね~。
higashigyoen141206-141.jpg
(↑画像クイックで拡大)

二の丸池のヒレナガニシキゴイ~とても気品あるニシキゴイ。
これは、埼玉県で生まれたニシキゴイの改良品種です。
※今上天皇が1977年7月、皇太子殿下として埼玉県水産試験場(現、埼玉県農林総合研究センター水産研究所)視察の折り、インドネシアに鰭の長いコイがいるので、日本のニシキゴイと交配してはどうかとの提言を頂き、品種改良に取り組みました。(埼玉県ホームページより)
higashigyoen141206-142.jpg

どこ見ても良い雰囲気の二の丸でした~。
higashigyoen141206-143.jpg

このような植物も見られます~。
higashigyoen141206-144.jpg
(↑画像クイックで拡大)

higashigyoen141206-145.jpg
今後の楽しみが増えました~
またの機会を楽しみに~それではまた~。

現地案内→宮内庁ホームページ千代田区観光協会

(2014年12月6日撮影)
スポンサーサイト

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2014/12/12(金) 23:22:16|
  2. 東京の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<八重寒紅梅 2014年12月編(大宮第二公園・埼玉県さいたま市) | ホーム | 皇居東御苑・2014年12月編(皇居・東京都千代田区)Part1>>

コメント

nomuさん こんにちは!
そうですよね、これだけ人が集まって当然の事ですものね。
それにしても、本当に人の数にびっくりです。
それだけ見る価値のあることですのもね。
手入れが行き届いているのは当然なのでしょうけど
整然とした中に趣もあって気品もあって、、、。
nomuさんに画像で見せていただけて良かった!
ありがとうございます~♪
  1. 2014/12/16(火) 15:48:05 |
  2. URL |
  3. クニ #LbYl9WXI
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

クニさ~ん、こんばんは~(^^)
いつもご覧頂きありがとうございます。
うれしいですね~(^^♪こちらこそ感謝しております。
クニさんの驚かれるのもわかります~行った本人も通りを歩くだけ(秋季皇居乾通り一般公開)、または公園散策(皇居東御苑)なのに、こんなに...と驚きました(◎_◎;)
春に続き、秋も...TVで拝見した通りの様子でした。
やはり貴重な体験をさせていただき、見る価値は本当にありました。
皇居東御苑は、四季折々行ってみたいと感じさせるところですね~(^^ゞ
  1. 2014/12/16(火) 21:21:11 |
  2. URL |
  3. nomu #MAcqijD.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasuragusizen.blog85.fc2.com/tb.php/1232-b9d7a7a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

nomu

Author:nomu
山野草や園芸品種の花々・山岳風景・清流の川や滝など色々な自然風景を見にドライブで周遊することが好きな自分です。
主に関東周辺を撮影エリアとしています。
様々な自然のなかに入るたびに、果てしない自然の奥深さ、美しさに感動します~(^^)

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター


無料カウンター

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる