やすらぐ自然を追い求めて・ブログ編

身近な自然風景・山・滝・お花など、気ままに感じたことを載せるブログです。

筑波実験植物園・2015年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part2

前回(筑波実験植物園・2015年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part1)の続きです。
今回は、いま一番の見頃の花~キク科の花を~。
前回でも食用ギク、ツワブキ、トサトウヒレン、ヤクシマノギクをアップしましたが、今回はさらに...。
昨年もキク科の花々をアップ(筑波実験植物園・2014年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part1)し、今シーズンも昨年同様もありますが、他にもいろいろと見られました~。

キク科の植物は、もっとも進化し、もっとも分化されている植物です。
タンポポ、ヒマワリ、コスモス、アザミ、ダリア、フジバカマ、ニガナ、ツワブキなど世界ではおよそ2万種、日本では約360種のキク科植物が知られ、地球上のほとんどの地域で生育可能だそうです。
tukubashokubutu151103-123.jpg
イソギク×リュウノウギクという筑波実験植物園内でできた新雑種で、ハナイソギクの一種です。
この植物は、自生場所が異なるため、本来雑種ができることはないそうです。

それでは、筑波実験植物園の模様を...。(↓[筑波実験植物園・2015年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part2]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

↓以前のブログ
筑波実験植物園・2014年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part1・2014年11月3日撮影
筑波実験植物園・2014年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part2・2014年11月3日撮影
筑波実験植物園・2014年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part3・2014年11月3日撮影
筑波実験植物園・2014年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part4・2014年11月3日撮影

筑波実験植物園・2014年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part1・2014年5月18日撮影
筑波実験植物園・2014年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part2・2014年5月18日撮影

日本の固有植物展・2014年5月編(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2014年5月18日撮影

筑波実験植物園・2013年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part1・2013年5月4日撮影
筑波実験植物園・2013年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part2・2013年5月4日撮影
クレマチス園公開・2013年5月編(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2013年5月4日撮影

日本の固有植物展(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2011年11月3日撮影

世界最大のラン(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2009年12月20日撮影

現地案内→国立科学博物館 筑波実験植物園

(2015年11月3日撮影)

Twitterのタイムラインを表示しています。


園内をいろいろと周り~。
イソギク(キク科・日本固有種)。
関東地方以西の太平洋側・伊豆諸島に自然分布。
tukubashokubutu151103-126.jpg

ハナイソギク(キク科・キク(イエギク)とイソギクの雑種)。
白花はハナイソギク、黄花はウラジロギクなどと呼ばれます。
千葉県犬吠崎~静岡県御前崎に自然分布。
tukubashokubutu151103-128.jpg

アシズリノジギク (キク科・地域によって絶滅危惧種・日本固有種)。
高知足摺岬一帯~沖ノ島~愛媛県佐多岬に自然分布。
tukubashokubutu151103-124.jpg

ユウガギク(キク科・園内自生)。
本州(近畿地方以北) に自然分布。
tukubashokubutu151103-125.jpg

ハマギク(キク科・日本固有種)。よく見られるハマギクよりも大きく感じました。
本州(青森県~茨城県日立市太平洋岸) に自然分布。
tukubashokubutu151103-129.jpg

コハマギク(キク科・日本固有種)。やはりハマギクの小型ですね~。
北海道・本州(関東地方北部以北)、北半球(寒帯)に自然分布。
tukubashokubutu151103-130.jpg

ワカサハマギク(キク科・準絶滅危惧種(NT)・日当たりの良い日本海岸(福井県ー鳥取県)に生える多年草)。
tukubashokubutu151103-133.jpg

オオシマノジギク(キク科・絶滅危惧Ⅱ類 (VU)・海岸にはえる多年草・花期11月~12月)。
屋久島・奄美(大島・喜界島・加計呂麻島・与路島・請島・徳之島)に自然分布。
tukubashokubutu151103-134.jpg

多目的温室では...。
オキナワギク(キク科・絶滅危惧Ⅱ類 (VU) ・奄美群島・沖縄島のみ分布する日本固有種)
tukubashokubutu151103-135.jpg

山地草原エリアに、この時期ならではのコウヤボウキ(キク科)。
tukubashokubutu151103-127.jpg

ハチジョウアザミ(キク科・日本固有種)。
tukubashokubutu151103-131.jpg

ハチジョウアキノキリンソウ(キク科・伊豆諸島の八丈島の日本固有種)。
tukubashokubutu151103-139.jpg

キクタニギク(アワコガネギク)(キク科・準絶滅危惧 (NT))。
tukubashokubutu151103-132.jpg

ところどころに見られたヤクシソウ(キク科・園内自生)。
tukubashokubutu151103-136.jpg

多目的温室には、ヤクシソウ(キク科・園内自生)に似ている貴重な花が...。
ホソバワダン(キク科・地域によって脆弱に分布する)。
日本(琉球~島根)~フィリピン に自然分布。
tukubashokubutu151103-137.jpg

ダイトウワダン(キク科・絶滅危惧ⅠA類(CR)・沖縄の東側にある大東諸島の固有変種)。
tukubashokubutu151103-138.jpg
たくさんのキク科の植物を学ぶことができました~。
キク科の植物の多さには、本当に驚くほどです。
この他にもまだまだ色々な植物が~。
この続きはまた~。

↓以前のブログ
筑波実験植物園・2014年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part1・2014年11月3日撮影
筑波実験植物園・2014年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part2・2014年11月3日撮影
筑波実験植物園・2014年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part3・2014年11月3日撮影
筑波実験植物園・2014年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part4・2014年11月3日撮影

筑波実験植物園・2014年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part1・2014年5月18日撮影
筑波実験植物園・2014年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part2・2014年5月18日撮影

日本の固有植物展・2014年5月編(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2014年5月18日撮影

筑波実験植物園・2013年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part1・2013年5月4日撮影
筑波実験植物園・2013年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part2・2013年5月4日撮影
クレマチス園公開・2013年5月編(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2013年5月4日撮影

日本の固有植物展(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2011年11月3日撮影

世界最大のラン(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2009年12月20日撮影

現地案内→国立科学博物館 筑波実験植物園

(2015年11月3日撮影)
スポンサーサイト

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2015/11/10(火) 22:44:26|
  2. 植物園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<筑波実験植物園・2015年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part3 | ホーム | 筑波実験植物園・2015年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasuragusizen.blog85.fc2.com/tb.php/1409-a51483d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

nomu

Author:nomu
山野草や園芸品種の花々・山岳風景・清流の川や滝など色々な自然風景を見にドライブで周遊することが好きな自分です。
主に関東周辺を撮影エリアとしています。
様々な自然のなかに入るたびに、果てしない自然の奥深さ、美しさに感動します~(^^)

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター


無料カウンター

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる