やすらぐ自然を追い求めて・ブログ編

身近な自然風景・山・滝・お花など、気ままに感じたことを載せるブログです。

筑波実験植物園・2015年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part3

前回(筑波実験植物園・2015年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part2)の続きです。
前回はキク科の植物でしたが、今回はその他見られた植物を...。
ここに来ると植物図鑑を実際に見ているようで、とてもわかりやすく感じます。
じっくりと見ればいいのですが、写真撮りに夢中になると、なかなか覚えきれないものも...。

※国立科学博物館 筑波実験植物園
筑波山の南に広がる筑波研究学園都市にあり、国立科学博物館が植物の研究を推進するために設置した植物園です。
植物の多様性を知り、守り、伝えることを使命に、研究、保全、展示、学習支援活動を行っています。(園内パンフより)
tukubashokubutu151103-117.jpg
ツクバトリカブト(キンポウゲ科・日本固有種・福島県~神奈川県の太平洋側に自然分布)が見られました~。

それでは、筑波実験植物園の模様を...。(↓[筑波実験植物園・2015年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part3]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

↓以前のブログ
筑波実験植物園・2014年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part1・2014年11月3日撮影
筑波実験植物園・2014年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part2・2014年11月3日撮影
筑波実験植物園・2014年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part3・2014年11月3日撮影
筑波実験植物園・2014年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part4・2014年11月3日撮影

筑波実験植物園・2014年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part1・2014年5月18日撮影
筑波実験植物園・2014年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part2・2014年5月18日撮影

日本の固有植物展・2014年5月編(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2014年5月18日撮影

筑波実験植物園・2013年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part1・2013年5月4日撮影
筑波実験植物園・2013年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part2・2013年5月4日撮影
クレマチス園公開・2013年5月編(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2013年5月4日撮影

日本の固有植物展(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2011年11月3日撮影

世界最大のラン(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2009年12月20日撮影

現地案内→国立科学博物館 筑波実験植物園

(2015年11月3日撮影)

Twitterのタイムラインを表示しています。


ツクバトリカブトとヤマトリカブトの違いは、やはり葉っぱがわかりやすいと思います。
これは、ヤマトリカブトで葉の面が広い感じで...。
tukubashokubutu151103-106.jpg

これは、ツクバトリカブトで、葉の面がヤマトリカブトに比べて狭い感じです。
tukubashokubutu151103-107.jpg

樹木の種類では、ゴンズイ(ミツバウツギ科)の実が...。
tukubashokubutu151103-140.jpg

マユミ(ニシキギ科)の実も...。
tukubashokubutu151103-142.jpg
もうひとつ、ツリバナ(ニシキギ科)もありましたが、ピンボケで...残念。

イロハモミジ(カエデ科)も色づき始めました~
tukubashokubutu151103-146.jpg

通常見頃の時期はすぎているようですが、まだ見られた植物を~。
これは、ツクシミカエリソウ(シソ科)で、冬の時期にシモバシラ(シソ科)と同じく霜柱が見られます。
tukubashokubutu151103-141.jpg

まだ見られたカライトソウ(バラ科・日本固有種)~。
tukubashokubutu151103-144.jpg

これもまだ見られ...ナガボノシロワレモコウ(バラ科)。
tukubashokubutu151103-145.jpg

今シーズンも見られたジンジソウ(ユキノシタ科・日本固有種)。
tukubashokubutu151103-143.jpg

園芸品種ではないタイワンホトトギス(ユリ科・絶滅危惧IA類(CR)・台湾・西表島に自然分布)。
マルハナバチ(ミツバチ科)がタイワンホトトギスの花に渡り渡り...。
tukubashokubutu151103-148.jpg

水生植物区はただいま工事中...。手前に見える水生植物は、ミツガシワ(ミツガシワ科・花期4月~5月)です。
tukubashokubutu151103-147.jpg

研修展示館で少し休憩(休憩スペースがあります)。
その研修展示館の常設展示に、マヤラン(ラン科・絶滅危惧II類(VU)・菌従属栄養植物(腐生植物))の液浸標本が...。
この標本は、千葉県で見つかった世界最大級のマヤランの株だそうです。
tukubashokubutu151103-149.jpg
(↑画像クイックで拡大)

tukubashokubutu151103-150.jpg
(↑画像クイックで拡大)

以前、皇居東御苑で見たマヤラン(ラン科・絶滅危惧II類(VU))
higasigyoen150922-102.jpg
(2015年9月22日撮影)

ご参考に...。
tukubashokubutu151103-151.jpg
(↑画像クイックで拡大)
この他にも、ギンリョウソウ(シャクジョウソウ科)、ツチアケビ(ラン科)、ショウキラン(ラン科)など...。

多目的温室へ。
ここには、琉球列島、小笠原の植物がいろいろと見られます。
このスミレは、イシガキスミレ(スミレ科・絶滅危惧ⅠA類 (CR)・沖縄県石垣島固有種)。
tukubashokubutu151103-152.jpg

マルバタハタケムシロ(キキョウ科・絶滅危惧ⅠB類 (EN)・琉球列島固有種)。
tukubashokubutu151103-153.jpg

シマザクラ(アカネ科・準絶滅危惧(NT)・小笠原諸島固有種)。
tukubashokubutu151103-155.jpg

次に熱帯雨林温室へ。
ちょっと気になっていたラン科の植物~世界最大のラン~グラマトフィルム・スペキオスム。
今シーズンも、開花したようです~。
tukubashokubutu151103-156.jpg

気まぐれな花なので、数年に一度しか咲きませんが、なぜか昨年に続き...今年も。
株が昨年と異なったかな(・・?
tukubashokubutu151103-157.jpg

tukubashokubutu151103-159.jpg
(↑画像クイックで拡大)
このあとは、タイムリミット...閉園時間15分前の放送が...残念。

閉園5分前にでました...
tukubashokubutu151103-158.jpg
今回も、色々な植物を学び、楽しんだひと時でした~
数時間では、やはり見切れなかったです~。
次回は時間に余裕を持って...。
またの機会を楽しみに~それではまた~。

↓以前のブログ
筑波実験植物園・2014年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part1・2014年11月3日撮影
筑波実験植物園・2014年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part2・2014年11月3日撮影
筑波実験植物園・2014年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part3・2014年11月3日撮影
筑波実験植物園・2014年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part4・2014年11月3日撮影

筑波実験植物園・2014年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part1・2014年5月18日撮影
筑波実験植物園・2014年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part2・2014年5月18日撮影

日本の固有植物展・2014年5月編(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2014年5月18日撮影

筑波実験植物園・2013年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part1・2013年5月4日撮影
筑波実験植物園・2013年5月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part2・2013年5月4日撮影
クレマチス園公開・2013年5月編(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2013年5月4日撮影

日本の固有植物展(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2011年11月3日撮影

世界最大のラン(筑波実験植物園・茨城県つくば市)・2009年12月20日撮影

現地案内→国立科学博物館 筑波実験植物園

(2015年11月3日撮影)
スポンサーサイト

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2015/11/12(木) 22:50:23|
  2. 植物園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<バラ園めぐり・2015年11月編(与野公園・埼玉県さいたま市)Part1 | ホーム | 筑波実験植物園・2015年11月編(国立科学博物館・茨城県つくば市)Part2>>

コメント

こんばんは!

nomuさん、こちらではトリカブト・・今頃??
それにしても葉によって見分ける?少々難しい(*^_^*)
まぁ~~・・沢山のお花、実等々・・咲き見切れ無そう~~。そうそう・・ゆっくり時間見て実ながら撮影出来ると良いですね♪♪
こちら・・っと有料?無料?でしょうか∈^0^∋
  1. 2015/11/13(金) 22:35:51 |
  2. URL |
  3. ショット #ll2HEPEQ
  4. [ 編集]

nomuさん こんにちは!
お花が少ない時期に時間が足りないほど
あちこちで見ることができるとは
さすが大きな植物園ですね。

part.2の自然の菊類、素朴で可愛らしさがあるお花ばかりですね。

紅葉で色付いている木々、実がなっている木々などで
秋深まってきていますネ。
世界最大のランは3メートルですか!
大きさも花の色形も迫力いっぱい!
  1. 2015/11/14(土) 15:25:20 |
  2. URL |
  3. クニ #LbYl9WXI
  4. [ 編集]

Re: こんばんは!

ショットさ~ん、こんばんは~(^^)
いつも早速ご覧頂きありがとうございます~(^^♪
そうですね~いまごろで...(^^;)地元だと夏のお盆に...花期が長く感じます。
確かに、花の図鑑でもないと見分けるのが難しいと思います...(・・;)
いつもなら、もう少し早くに行くのですが、家をでるのがゆっくりとしてしまいました(^^;)
通常は有料一般・大学生 310円(リピーターズパスとか友の会とかもあります)ですが、この日11月3日、文化の日は無料開園日でした。
あと5月4日(みどりの日)、5月17日(国際植物の日関連)、5月19日(国際博物館の日の翌日)入園料が無料です。
  1. 2015/11/14(土) 20:31:28 |
  2. URL |
  3. nomu #z.8xB7Ag
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

クニさ~ん、こんばんは~(^^)
いつもご覧頂きありがとうございます。うれしいですね~(^^♪
おっしゃる通り、さすが大きな植物園です~(^^ゞ
Part2もご覧頂き~感謝m(__)m~♪
キクは本当にいろいろあり、確かに素朴で可愛らしさがあるお花と思います~。(^^)キクも奥深いですね。
そうですね~紅葉、赤い実など季節の歩み、秋の深まりを感じます。
世界最大のラン、行くたびに気になっています...(^^ゞまた開花が見られてよかったです。
こちらで見られた世界最大のランは丈の低いものでしたが、クニさんのおっしゃる通り、大きさも花の色形も迫力いっぱい~。(≧▽≦)
今回は開花が見られませんでしたが、水生植物温室にあったものはヤシの木のように見えるほど、さらに迫力があります~(^^ゞ
  1. 2015/11/14(土) 21:03:07 |
  2. URL |
  3. nomu #z.8xB7Ag
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasuragusizen.blog85.fc2.com/tb.php/1410-a9c2e618
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

nomu

Author:nomu
山野草や園芸品種の花々・山岳風景・清流の川や滝など色々な自然風景を見にドライブで周遊することが好きな自分です。
主に関東周辺を撮影エリアとしています。
様々な自然のなかに入るたびに、果てしない自然の奥深さ、美しさに感動します~(^^)

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター


無料カウンター

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる