やすらぐ自然を追い求めて・ブログ編

身近な自然風景・山・滝・お花など、気ままに感じたことを載せるブログです。

春の花めぐり・2016年5月編(日光植物園・栃木県日光市)Part3

前回(春の花めぐり・2016年5月編(日光植物園・栃木県日光市)Part2)の続きです。
はじめての日光植物園ですので、細かく散策・観賞ができませんでしたが、主にツツジ科の植物に良い見頃に感動しながら周りました~。

4月中旬の開園の頃はミズバショウやアカヤシオが花盛りです。4月下旬にサクラが見頃になった後,ゴールデンウィークにはアズマシャクナゲやツツジが満開となり,一年で最も華やかな時期を迎えます。 その後,新緑の美しい6月には,ボッグガーデン(湿原植物園)でカキツバタやノハナショウブなどが咲き,ロックガーデン(高山植物園)ではニッコウキスゲなどが咲きます。 このほかにも開園期間中には様々な花が咲きます。紅葉はふつう10月下旬-11月上旬です。
(日光植物園より)
nikko-shokubutuen160504-127.jpg
満開のシロヤシオ(別名:ゴヨウツツジ・ツツジ科・地域によって絶滅危惧種)が見られました~

それでは、日光植物園の模様を...。(↓[春の花めぐり・2016年5月編(日光植物園・栃木県日光市)Part3]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

現地案内→日光植物園

(2016年5月4日撮影)

Twitterのタイムラインを表示しています。


緑の中の散策は、気持ちよく~
nikko-shokubutuen160504-145.jpg

シジミバナ(バラ科)。
nikko-shokubutuen160504-128.jpg

もう終盤と思われますが、チゴユリ(ユリ科・地域によって絶滅危惧種)。
nikko-shokubutuen160504-129.jpg

含満ヶ淵(憾満ヶ淵、がんまんがふち)へ。
大谷川(だいやがわ)に両岸から岩が迫り、深い淵を作っている奇勝地です。川沿いの園路から階段を降りていくと川に突き出た展望台があります。大雨のときには展望台の直下まで濁流が迫ります。含満とは不動明王の呪文に出てくる言葉で、本来は「憾満」が正しいようです。(日光植物園より)
nikko-shokubutuen160504-133.jpg

nikko-shokubutuen160504-134.jpg

含満ヶ淵(憾満ヶ淵、がんまんがふち)です。
nikko-shokubutuen160504-135.jpg

川沿いのヤマツツジ、トウゴクミツバツツジ(ツツジ科・地域によって絶滅危惧種)が咲きはじめていました。
nikko-shokubutuen160504-146.jpg

園内のヤマツツジ、トウゴクミツバツツジ(ツツジ科・地域によって絶滅危惧種)は見頃に~
nikko-shokubutuen160504-136.jpg

ヤマツツジの奥には、シロヤシオ(別名:ゴヨウツツジ・ツツジ科・地域によって絶滅危惧種)いっぱい~。
nikko-shokubutuen160504-137.jpg

シロヤシオ(別名:ゴヨウツツジ・ツツジ科・地域によって絶滅危惧種)~。
nikko-shokubutuen160504-130.jpg

nikko-shokubutuen160504-132.jpg

nikko-shokubutuen160504-131.jpg

赤い屋根の建物は、実験室です。
ここでは植物生態学の研究が行われています。
ちょうどお昼になったので、この実験室の前のベンチで、昼食
nikko-shokubutuen160504-138.jpg

昼食での眺め~。
nikko-shokubutuen160504-139.jpg

芝生には、トキワナズナ(別名:ヒナソウ・アカネ科)がいっぱい~。
nikko-shokubutuen160504-141.jpg

この木造平屋の建物は庁舎で、松平家の別荘として、100年以上も前に建てられた建物です。
いまではガイドツアー等の集合場所になり、講演会や学生実習などに使われています。
手前に見えるのはロックガーデン、左はクロフネツツジです。
nikko-shokubutuen160504-142.jpg

その庁舎前に、ラショウモンカズラ(シソ科・地域によって絶滅危惧種)が開花~。
nikko-shokubutuen160504-140.jpg

次の予定があるので、今回はここまで...。
またの機会は、じっくりと見たいものです。
日光植物園の出入口~遠望に女峰山が~。
nikko-shokubutuen160504-143.jpg

nikko-shokubutuen160504-144.jpg
良い山の植物を楽しめた植物園でした~
また立ち寄る機会があれば~再び。

またの機会を楽しみに~それではまた~。

現地案内→日光植物園

(2016年5月4日撮影)
スポンサーサイト

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2016/05/07(土) 18:31:10|
  2. 栃木の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<茶ノ木平・2016年5月編(茶ノ木平半月峠線歩道・栃木県日光市)Part1 | ホーム | 春の花めぐり・2016年5月編(日光植物園・栃木県日光市)Part2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasuragusizen.blog85.fc2.com/tb.php/1518-e6ccf6f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

nomu

Author:nomu
山野草や園芸品種の花々・山岳風景・清流の川や滝など色々な自然風景を見にドライブで周遊することが好きな自分です。
主に関東周辺を撮影エリアとしています。
様々な自然のなかに入るたびに、果てしない自然の奥深さ、美しさに感動します~(^^)

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター


無料カウンター

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる