やすらぐ自然を追い求めて・ブログ編

身近な自然風景・山・滝・お花など、気ままに感じたことを載せるブログです。

古代蓮の里・2016年7月編(甲斐姫・水生植物園・埼玉県行田市)Part2

前回(古代蓮の里・2016年7月編(行田蓮・埼玉県行田市)Part1)の続きです。
今回は、約12万株の行田蓮(古代蓮)の他に見られた蓮の品種の一つ・綺麗な甲斐姫と水生植物園で見られた水生植物を~。

※蓮 は植物のなかでも、もっとも古いもののひとつです。 およそ 1億4000万年前に、すでに地球上 に存在していたといわれています。
蓮の花の最適な観賞時間は、朝7:00~9:00頃までです。 ※午後には美しい花を見ることはできません。
花の中心部にできる花托(果托 かたく)が特徴的で、その形状が蜂の巣に似ていることから、 「はち巣」 となり 「はす」 とよばれるようになったという説があります。
ハスは現在、食用蓮と観賞蓮(花蓮 はなはす)に分けられます。
◎観賞蓮は、鉢植えや池などで栽培されており、花を観賞するために育てられています。
◎食用蓮はみなさんがご存じの食べる蓮根(レンコン)になります。レンコンは地下茎で、蓮田で栽培されています。
hasu160703-120.jpg
この甲斐姫(かいひめ)という品種の綺麗な蓮~花色は、行田蓮の紅色とアメリカ黄蓮の中間の黄紅色。葉の緑の波は行田蓮に似ており、葉色も緑が濃く育成が旺盛です。花柄と葉柄のとげは、黒の斑点で黄蓮の特徴がでています。 花径は22~25cm。
由縁は、「成田記」に登場する忍城主成田氏長(うじなが)の娘で、1590年に石田三成軍が忍城を水攻めした際に城を守って奮戦したと伝えられる姫です。 花蓮「甲斐姫」は、この甲斐姫にちなみ平成21年に開催された「蓮サミット」で命名されたものです。
(古代蓮の里 “古代蓮会館”ホームページより)

それでは、古代蓮の里の模様を...。(↓[古代蓮の里・2016年7月編(甲斐姫・水生植物園・埼玉県行田市)Part2]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

↓以前のブログ
古代蓮の里・2015年7月編(行田蓮・埼玉県行田市)Part1(2015年7月4日撮影)
古代蓮の里・2015年7月編(行田蓮・埼玉県行田市)Part2(2015年7月4日撮影)

古代蓮の里・2013年7月編(第16回行田蓮まつり・埼玉県行田市)(2013年7月14日撮影)

古代蓮の里・2012年7月編(行田蓮・埼玉県行田市)Part1(2012年7月22日撮影)
古代蓮の里・2012年7月編(行田蓮・埼玉県行田市)Part2(2012年7月22日撮影)

古代蓮の里・2011年7月編(埼玉県行田市)(2011年7月3日撮影)

埼玉の自然(古代蓮の里7/5編) Part1(2008年7月5日撮影)
埼玉の自然(古代蓮の里7/5編) Part2(2008年7月5日撮影)

現地案内→古代蓮の里 “古代蓮会館”ホームページ

(2016年7月3日撮影)

Twitterのタイムラインを表示しています。


水生植物園でのアサザ(ミツガシワ科・準絶滅危惧(NT))が見られました~。
hasu160703-114.jpg

コウホネ(スイレン科・薬草・地域によって絶滅危惧種)も見られ...。
hasu160703-116.jpg

綺麗なスイレン(スイレン科)が咲いていました~。
hasu160703-115.jpg

綺麗な甲斐姫(かいひめ)という品種の蓮にもミツバチが~。
hasu160703-118.jpg

hasu160703-119.jpg

hasu160703-117.jpg
良い夏の季節感を感じながらの観賞でした~。
蓮の色々な品種は、まだまだ続きます~。
この続きはまた~。


おまけ
他に見られた植物。
まだ見られたタニウツギ(ベニウツギ・スイカズラ科)~世界の蓮園前にて。
hasu160703-121.jpg

古代蓮池の前に、インドハマユウ(ヒガンバナ科・アフリカ、インド、スリランカ原産)。
hasu160703-112.jpg

hasu160703-113.jpg
他にも色々な植物を見られたようですが、見逃しました(>_<)
今回は、ここまでです...それではまた~。

↓以前のブログ
古代蓮の里・2015年7月編(行田蓮・埼玉県行田市)Part1(2015年7月4日撮影)
古代蓮の里・2015年7月編(行田蓮・埼玉県行田市)Part2(2015年7月4日撮影)

古代蓮の里・2013年7月編(第16回行田蓮まつり・埼玉県行田市)(2013年7月14日撮影)

古代蓮の里・2012年7月編(行田蓮・埼玉県行田市)Part1(2012年7月22日撮影)
古代蓮の里・2012年7月編(行田蓮・埼玉県行田市)Part2(2012年7月22日撮影)

古代蓮の里・2011年7月編(埼玉県行田市)(2011年7月3日撮影)

埼玉の自然(古代蓮の里7/5編) Part1(2008年7月5日撮影)
埼玉の自然(古代蓮の里7/5編) Part2(2008年7月5日撮影)

現地案内→古代蓮の里 “古代蓮会館”ホームページ

(2016年7月3日撮影)
スポンサーサイト

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2016/07/05(火) 22:16:16|
  2. 埼玉の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<古代蓮の里・2016年7月編(世界の蓮園・埼玉県行田市)Part3 | ホーム | 古代蓮の里・2016年7月編(行田蓮・埼玉県行田市)Part1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasuragusizen.blog85.fc2.com/tb.php/1552-b7df2cef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

nomu

Author:nomu
山野草や園芸品種の花々・山岳風景・清流の川や滝など色々な自然風景を見にドライブで周遊することが好きな自分です。
主に関東周辺を撮影エリアとしています。
様々な自然のなかに入るたびに、果てしない自然の奥深さ、美しさに感動します~(^^)

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター


無料カウンター

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる