やすらぐ自然を追い求めて・ブログ編

身近な自然風景・山・滝・お花など、気ままに感じたことを載せるブログです。

天覧山・多峯主山・2016年11月編(県立奥武蔵自然公園・埼玉県飯能市)Part3

前回(天覧山・多峯主山・2016年11月編(県立奥武蔵自然公園・埼玉県飯能市)Part2)の続きです。
天覧山(標高197m)から多峯主山(とうのすやま・標高271m)の山頂へ。
秋を感じる良いハイキングコースでした~。
そして、再び天覧山(標高197m)方面へ下山です。

※【重要里地里山に選定】
(選定理由)
天覧山・多峯主山の間に広がる緑地(飯能・西武の森)と、天覧山北西の天覧谷津を含む地域である。
クヌギ・コナラ二次林とスギ・ヒノキ人工林が混じった里山林、谷津田や草地等からなるモザイク状の土地利用が維持されており、カヤネズミ、ヤマザクラなど里地里山に特徴的な動植物が生息・生育している。また、良好な水辺環境と水田・湿地環境が保全・再生されていることから、ゲンジボタル・ヘイケボタルの生息も確認されている。

(保全活用状況)
飯能市環境保全条例に基づき景観緑地として保全している。
「天覧山谷津の里づくりプロジェクト」を、「はんのう市民環境会議」が主体となり実施。(天覧谷津)
生物多様性に配慮しながら自然環境を保全するとともに、計画的に枝打ち・除伐・間伐と遊歩道の整備を行い、親しみやすく明るい安全・安心な森づくりを進めている。 (飯能・西武の森)
(環境省ホームページより)
hannou161120-154.jpg
ハンノウザサ(イネ科)は1926 年に牧野富太郎先生(植物学者・1862年~1957年)が見返り坂で見つけたもので、1941 年には埼玉県指定の天然記念物になっています。今はアズマザサと同じものだと言われており、図鑑でハンノウザサを探しても載っていません。ハンノウザサが含まれるアズマザサ属は、ササ属とメダケ属の間にできた雑種の属だといわれており、日本大学の細山氏ほかの研究によると、ハンノウザサの雌親は、今は周辺に自生していないミヤコザサであることが示唆されたそうです。
(飯能市・森林講演会・「飯能の希少な植物たち」より)
hanno140427-116.jpg
(↑画像クイックで拡大)

今回で、天覧山・多峯主山・2016年11月編(県立奥武蔵自然公園・埼玉県飯能市)の最終版です。

それでは、天覧山・多峯主山(とうのすやま)の模様を...。(↓[天覧山・多峯主山・2016年11月編(県立奥武蔵自然公園・埼玉県飯能市)Part3]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

↓以前のブログ
天覧山・2015年11月編(県立奥武蔵自然公園・埼玉県飯能市)Part1・2015年11月23日撮影
天覧山・2015年11月編(県立奥武蔵自然公園・埼玉県飯能市)Part2・2015年11月23日撮影

天覧山・多峯主山・2014年4月編(県立奥武蔵自然公園・埼玉県飯能市)Part1・2014年4月26日撮影
天覧山・多峯主山・2014年4月編(県立奥武蔵自然公園・埼玉県飯能市)Part2・2014年4月26日撮影

紅葉・天覧山 (県立奥武蔵自然公園・埼玉県飯能市)・2009年11月21日撮影
多峯主山 (県立奥武蔵自然公園・埼玉県飯能市)・2009年11月21日撮影
吾妻峡・飯能河原 (埼玉県飯能市)・2009年11月21日撮影

現地案内→飯能市観光協会飯能市公式サイト

(2016年11月20日撮影)

Twitterのタイムラインを表示しています。


多峯主山(とうのすやま・標高271m)の山頂からです。
hannou161120-146.jpg
(14:54)

先に行った天覧山(標高197m)がよく見えます。
hannou161120-147.jpg

多峯主山(とうのすやま・標高271m)の山頂の気温は18℃。暖かく感じました~。
hannou161120-145.jpg

多峯主山(とうのすやま・標高271m)から下山し、再びバイオトイレを通過し...。
hannou161120-148.jpg

また雨乞池(あまごいのいけ)の脇を天覧山方面へ...。
hannou161120-149.jpg

再び分岐地点へ~下山は見返り坂方面へ。
hannou161120-150.jpg
(15:09)

見返り坂へ~。
hannou161120-151.jpg
(15:16)

しばらく下って...。
hannou161120-152.jpg

ここで、見返り坂はおわり...。谷津田へ~。
hannou161120-153.jpg
(15:20)

このあたりには、牧野富太郎先生(植物学者・1862年~1957年)が見つけたハンノウザサ(イネ科・埼玉県指定の天然記念物・いまはアズマザサと同じものだと言われています。)が多く見られました。
hannou161120-155.jpg

天覧山周辺の谷津田は、かつて「飯能の名勝」としてすばらしい景観を生み出すとともに、田んぼや雑木林が生活の中で活用されることにより、動植物にとっても多様な生物の生息拠点となっていました。しかし、時代の移り変わりとともに人の手が入らなくなり、荒れ果て、地面も乾燥して葦や雑草がうっそうとした状態となりました。また、ホタルやカエルなど水生生物も少なくなり、ふるさとの原風景としての昔の面影は薄れてしまいました。
 そこで、かつての原風景を復活させ、エコツーリズム事業などを推進し、自然体験イベントや大人から子どもまで身近な自然を体験する憩いの場、学習の場として活用するため、平成19年から谷津田の再生・活用事業「天覧山谷津の里づくりプロジェクト」を実施しています。毎月第4日曜日午前(変更する場合もあり)に、「はんのう市民環境会議」を主体に、多くの市民や事業者等の参画により整備を進めています。
飯能市公式サイトより)
掲示板に~飯能第一小学校では、6年生がこの地域で田植え・間伐体験などを行っています。
hannou161120-156.jpg

今後のイメージ案です。
hannou161120-201.jpg
(↑画像クイックで拡大)

かなり整備されています。
hannou161120-157.jpg

天覧山との分岐地点へ。(天覧山は左折)
今回は直進しました。(ここから舗装路になります。)
hannou161120-158.jpg
(15:26)

ほぼここでハイキングコースはおわりです。この先進むと、中央公園が見えます。
hannou161120-159.jpg
(15:29)

hannou161120-160.jpg

再び、今回のスタート地点へ。ここで今回の山歩きは終了です。
hannou161120-161.jpg
(15:46)

秋の赤い実。
hannou161120-162.jpg

多峯主山(とうのすやま・標高271m)の山頂からの風景~奥秩父方面。
hannou161120-144.jpg
良い紅葉狩り、紅葉散歩・散策ができました~

またの機会を楽しみに~それではまた~。

↓以前のブログ
天覧山・2015年11月編(県立奥武蔵自然公園・埼玉県飯能市)Part1・2015年11月23日撮影
天覧山・2015年11月編(県立奥武蔵自然公園・埼玉県飯能市)Part2・2015年11月23日撮影

天覧山・多峯主山・2014年4月編(県立奥武蔵自然公園・埼玉県飯能市)Part1・2014年4月26日撮影
天覧山・多峯主山・2014年4月編(県立奥武蔵自然公園・埼玉県飯能市)Part2・2014年4月26日撮影

紅葉・天覧山 (県立奥武蔵自然公園・埼玉県飯能市)・2009年11月21日撮影
多峯主山 (県立奥武蔵自然公園・埼玉県飯能市)・2009年11月21日撮影
吾妻峡・飯能河原 (埼玉県飯能市)・2009年11月21日撮影

現地案内→飯能市観光協会飯能市公式サイト

(2016年11月20日撮影)
スポンサーサイト

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2016/11/25(金) 21:28:00|
  2. 埼玉の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<もみじまつり・2016年11月編(小林もみじ園・埼玉県川口市) | ホーム | 天覧山・多峯主山・2016年11月編(県立奥武蔵自然公園・埼玉県飯能市)Part2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasuragusizen.blog85.fc2.com/tb.php/1630-b2238a21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

nomu

Author:nomu
山野草や園芸品種の花々・山岳風景・清流の川や滝など色々な自然風景を見にドライブで周遊することが好きな自分です。
主に関東周辺を撮影エリアとしています。
様々な自然のなかに入るたびに、果てしない自然の奥深さ、美しさに感動します~(^^)

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター


無料カウンター

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる