やすらぐ自然を追い求めて・ブログ編

身近な自然風景・山・滝・お花など、気ままに感じたことを載せるブログです。

古代蓮の里・2012年7月編(行田蓮・埼玉県行田市)Part2

前回(古代蓮の里・2012年7月編(行田蓮・埼玉県行田市)Part1)の続きです。
ここのメインの行田蓮(古代蓮)のほかに、様々な世界の蓮があります。
世界の蓮がある世界の蓮園には、41種類、約2万株ほどの蓮があります。
今回は、そのなかの開花していたものを...。
kodaihasu120722-217
これは、「毎葉蓮」(まいようれん・江戸時代から伝わったもの)の花びらです。
ずっと眺めていたのですが、葉の水滴の上をくるくる回っていました。まるで観賞用の雑貨のように...。

それでは、古代蓮の里の模様を...。(↓[古代蓮の里・2012年7月編(行田蓮・埼玉県行田市)Part2]の続きを読む...をクイックでご覧下さい)

↓以前のブログ
古代蓮の里・2011年7月編(埼玉県行田市)(2011年7月3日撮影)

埼玉の自然(古代蓮の里7/5編) Part1(2008年7月5日撮影)
埼玉の自然(古代蓮の里7/5編) Part2(2008年7月5日撮影)

現地案内→古代蓮の里 “古代蓮会館”ホームページ

(2012年7月22日撮影)

Twitterのタイムラインを表示しています。


毎葉蓮(まいようれん)。このときは、昼近くだったので、閉じつつありました。
kodaihasu120722-218

kodaihasu120722-219

千弁蓮(せんべんれん)。
kodaihasu120722-220

kodaihasu120722-221

大酒錦(たいせいきん)。
kodaihasu120722-222

kodaihasu120722-223

韓国景福宮蓮(かんこくけいふくきゅうれん)。
kodaihasu120722-224

kodaihasu120722-225

カスピカム。
kodaihasu120722-226

kodaihasu120722-227

アメリカ黄蓮(あめりかおうれん・きばす)。
kodaihasu120722-228

前回のブログで紹介した「甲斐姫」は、行田蓮(古代蓮)とこの蓮との新品種。
kodaihasu120722-229

紅万々(こうまんまん)。
kodaihasu120722-230

kodaihasu120722-231

剣舞蓮(けんまいれん)。
kodaihasu120722-232

kodaihasu120722-233

輪王蓮(りんのうれん)。
kodaihasu120722-234

kodaihasu120722-235

漢蓮(かんれん)。
kodaihasu120722-236

kodaihasu120722-237

中国古代蓮(ちゅうごくこだいばす)。
kodaihasu120722-238

kodaihasu120722-239

インド蓮。
kodaihasu120722-240

kodaihasu120722-241

大賀蓮(おおがはす)。
kodaihasu120722-203

kodaihasu120722-242

舞妃蓮(まいひれん)。
kodaihasu120722-202

kodaihasu120722-243

碧台蓮(へきだいれん)。
kodaihasu120722-244

kodaihasu120722-245

酔妃蓮(すいひれん)。
kodaihasu120722-246

kodaihasu120722-247

天上蓮(てんじょうれん)。
kodaihasu120722-248

kodaihasu120722-249

白万々(はくまんまん)。
kodaihasu120722-250

kodaihasu120722-251

即非蓮(そくひれん)。
kodaihasu120722-252

kodaihasu120722-253

姫蓮(ひめばす)。
kodaihasu120722-254

kodaihasu120722-255

原始蓮(げんしばす)。
kodaihasu120722-256

kodaihasu120722-257

まだまだたくさんありますが、ぜひ現地でご覧下さい~
自分には、まだ解説がないと見分けつかない蓮ばかりでした...
いろいろと今回も楽しみながらの撮影となりました。
それではまたの機会に~

現地案内図。
kodaihasu120722-104
(↑画像クイックで拡大)

↓以前のブログ
古代蓮の里・2011年7月編(埼玉県行田市)(2011年7月3日撮影)

埼玉の自然(古代蓮の里7/5編) Part1(2008年7月5日撮影)
埼玉の自然(古代蓮の里7/5編) Part2(2008年7月5日撮影)

現地案内→古代蓮の里 “古代蓮会館”ホームページ

(2011年7月22日撮影)


そのほか見られた水生植物。
アサザ
6~8月の間に美しい黄花をつけます。
名前の由来は、水深の浅い所に生えるという意味の「浅々菜」が転じたものをいうそうです。
ジュンサイと同様に茎と新芽を食用するため、花ジュンサイとも呼ばれます。
kodaihasu120722-258

ヘラオモダカ。
kodaihasu120722-259

kodaihasu120722-260

スイレン。
kodaihasu120722-261

スイレン。
kodaihasu120722-262

kodaihasu120722-263

そのほかの水生植物も咲いているようですが、今回は見逃しました。(オニバス、キバナバスなど)
また再び行くときの楽しみに...。
それではまた。

↓以前のブログ
古代蓮の里・2011年7月編(埼玉県行田市)(2011年7月3日撮影)

埼玉の自然(古代蓮の里7/5編) Part1(2008年7月5日撮影)
埼玉の自然(古代蓮の里7/5編) Part2(2008年7月5日撮影)

現地案内→古代蓮の里 “古代蓮会館”ホームページ

(2012年7月22日撮影)
スポンサーサイト

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/07/28(土) 21:51:51|
  2. 埼玉の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<古代蓮・2012年7月編(大賀蓮・原始蓮・埼玉県南埼玉郡白岡町) | ホーム | 古代蓮の里・2012年7月編(行田蓮・埼玉県行田市)Part1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasuragusizen.blog85.fc2.com/tb.php/865-f0d6d3a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

nomu

Author:nomu
山野草や園芸品種の花々・山岳風景・清流の川や滝など色々な自然風景を見にドライブで周遊することが好きな自分です。
主に関東周辺を撮影エリアとしています。
様々な自然のなかに入るたびに、果てしない自然の奥深さ、美しさに感動します~(^^)

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター


無料カウンター

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる